CSVデータの住所録をOutlook Expressに取り込む

 今日はCSVファイルで保存した、住所データー(アドレス)をOutlook Expressにインポートしてみよう。

1、Outlook Expressを起動→[ファイル]→[インポート]→[他のアドレス帳]→[テキストファイルCSV]をクリック。

2、[参照]ボタンでファイルを選ぶ。

3、[開く]→[次へ]→インポートするフィールド(項目)の割り当てを選択→[完了]

4、もともとのアドレス帳と重複するデータの場合、上書きするかどうかを問い合わせる画面が出てくる。

 すべて上書きしてよければ、『すべて上書きする』を選択。

 重複するデーターはすべて、上書きしない場合は『すべて上書きしない』。

 上書きしたくない場合は、『いいえ』。

 データーを1件ずつ選択する場合は、そのつど、『はい』、『いいえ』を選択する。

5、最後に[OK]ボタンを押して、インポート画面を閉じて完了。

オープンオフィス表計算ソフトでCSVデータを開くOpenOffice.org Calcで編集したCSVデータ。

 Outlook Expressにインポートした画面。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Yahoo!スマホマネージャーでAndroid末端の連絡先データを一人ずつあるいは、選択した人のエクスポートする
ドコモFOMA携帯電話とPCデータをやり取りするドコモケータイdatalink
Gmailの連絡先をvCard形式(vcf)でエクスポートする方法
Yahoo!スマホマネージャーでエクスポートできる連絡先の保存形式
Gmailのアドレス帳をAndroid末端の電話帳などにvCard形式(vcf)でインポート
ドコモのXperia・アドレスデーター管理アプリ、『連絡先』『電話帳』のインポートエクスポートの違い
Yahoo!スマホマネージャーで全員分のAndroidの連絡先・電話帳データをエクスポートする

Menu

HOME

 TOP