OpenOfficeCalcでシート間のデーターを自動的にリンク表示されるようにする

 表計算ソフトOpenOfficeCalcを開くと、初期設定で3つのシートがある。

 シートそのものは増やすこともできる。

 シート間のデーターを自動的にリンク表示されるようにしてみたいと思う。

 シートのひとつを変更すれば、ほかのシートのデータも自動的に変更されるようになるので便利だ。

シート間のデーターを自動的にリンク表示されるように設定する方法

例) シート2のB2からB4の合計をシート1のB2のセルに自動的にリンク表示する。

《シート2》

シート2 

《シート1》

シート1 

1、シート2の合計を求めたセルを右クリックでコピー。

2、シート1のタブをクリック。

3、シート1の合計値を表示したいセルを右クリック。

4、『形式を選択して貼り付け』の画面で、選択『すべて挿入』にチェックを入れる。

5、同じく、『形式を選択して貼り付け』の画面でオプション『リンク』にチェックを入れる。

6、『OK』をクリック。 

形式を選択して貼り付け・リンク

Excelでも同様の機能がある

 今回はOpenOfficeCalcの複数シートをリンク表示させてみた。

 OpenOfficeCalcだけでなくMicrosoftのオフィスソフトExcelも同様な機能がある。

OpenOfficeCalcは完全無料の表計算ソフト

 OpenOfficeCalcは無料で利用できる表計算ソフトだ。

 MicrosoftOfficeとほぼ互換性が保たれているため、家庭で利用する分には十分な機能を備えている。

 どんどん使ってみてね。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

OpenOffice.org Calc(表計算ソフト)のデーターを、CSV形式で保存
Apache OpenOfficeCalcで改ページを利用する
リンクした動画がスクリーンに映らない!
Windowsに標準についている簡易ワープロ・ワードパットでできること
OpenOfficeCalcのシートの位置を変更する
無料のオフィスソフト、オープンオフィス(OpenOffice.org )をダウンロードしてみよう。
Excel簿記とApacheOpenOfficeCalcで青色申告
年齢などの経過年数を求める関数・ExcelとOpenOfficeCalc
noimage
OpenOfficeCalcのセルにメッセージを入れる方法
表計算ソフトのシート(Sheet)の名前を変更する・ApacheOpenOfficeCalc・LibreOfficeCalc・Excel
OpenOfficeCalcのドロップダウンリストで手打ち入力を可能にする
CSVファイルをOpenOfficeCalcで開く
セルの結合・Excel、LibreOfficeCalc、Apache OpenOfficeCalc
noimage

Menu

HOME

 TOP