強調するためのHTMLを使ってSEO・検索エンジン対策

記事を書いて、どの単語をキーワードとして検索エンジンにアピールする?

 記事の中の単語を強調することで、検索エンジンにアピールすることができる。

 記事中にHTMLをうまく利用することで、検索エンジン最適化・SEOにつなげることができる。


<strong></strong>や<em></em>を使って、上手にSEO

<em></em>は強調するHTMLタグ

<em>強調するHTMLタグ</em>と言う風に記載すると、表現上は強調するHTMLタグと言う風になる。

<strong></strong>はより強調するためのHTML。

<strong>はより強調するためのHTML </strong> と言う風に記載すると、表現ははより強調するためのHTML になる。


 <strong></strong>と同じように<b></b>で囲んでも太い文字になるので、混同して使っている場合が多いが、検索エンジンから見ると、まったく別の意味に捉えるのでご注意。

 

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

WindowsXPの次は

noimage

サイトのリンク切れを調べるソフトもある

noimage

ソフトバンクのプリペイドスマートフォン

noimage

Nexus 7の仕様

noimage

Windows7とFirefoxの組み合わせが非常に快適です

市販の年賀状作成ソフトで一番売れているのは?

市販の年賀状作成ソフトで一番売れているのは?

noimage

Firefoxのメニューバーを表示させる方法

noimage
noimage

迷惑コメントの対処にコメント設定をしよう

noimage
noimage

ウインドウズ8はどこに行く?

noimage

ApacheOpenOfficeCalc、Excelで8桁の数字を年月日にする

noimage

Windows7さま、勝手にウィンドウサイズを変えないで!

noimage

ブログやホームページ作成に便利な、HTMLエディタ

noimage

USBハブのポート数

Menu

HOME

 TOP