seesaaブログの投稿日時を記事の下に配置するカスタマイズ

 seesaaブログの場合どうも投稿日時が重視されているらしい。

 どのテンプレートでも記事タイトルよりも上に投稿日時が表示されるようになってる。

 

 しかもどういうわけか、個別記事の一番下の辺りにも投稿時間の表示がある。

 

 『投稿日時なんか、ひとつで十分』と思ったので、ちょっと改造してみた。

 

 今回のカスタマイズは、seesaaブログの投稿日時を記事の一番下に1個だけ配置するカスタマイズ。

 


seesaaブログの投稿日時を記事の下に配置するカスタマイズ

 

1、デザイン⇒コンテンツ⇒記事⇒HTMLの編集をクリック。

 

2、記事タイトルの上の<% if:with_date %><div class="date"><%
article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></div><% /if
%>
<div class="blogbody">から、投稿日時を表す、<% if:with_date %><div
class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日")
%></div><% /if %>を削除。

 

3、<div class="posted">posted by <% article.nickname %> at <%
article.createstamp | date_format("%H:%M") -%>の("%H:%M")を("%Y年%m月%d日%H:%M")
に書き換える。

 

4、保存ボタンをクリック。

 


 時間の表示がいらなければ、%H:%Mは抜いても大丈夫だと思う。

 

 ちなみに、このカスタマイズは日時表示からみだしタグh2を削除して、記事タイトルをh2見出しにしてから行ったほうが無難。

 そのままだと、h3である記事タイトルがh2の日時の前に配置されることになって不自然。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage
noimage

iPad mini VS Nexus7

noimage
noimage
noimage

サイトのリンク切れを調べるソフトもある

noimage

Googleの無料ブログbloggerのはじめ方

noimage

検索向けアドセンスの編集ができない

noimage

赤ロム・ネットワーク利用制限にご注意

noimage

著作権侵害の被害をGoogleに申請する方法

noimage
noimage
noimage
noimage

表計算ソフトのセルの移動の基本的な操作

noimage

Menu

HOME

 TOP