h1の見出しタグを『表示するページごとに変える』方法でSEO対策・ちょっと変更

 h1の見出しタグはサイトの顔だ。

 検索エンジン対策・SEOで一番大事なのはこのh1の見出しタグとページタイトル。

 シーサーブログで、h1の見出しタグを『表示するページごとに変える』方法が見つかったのでご紹介しておく。

 


h1の見出しタグを表示するページごとに変える

 

1、デザイン⇒HTML⇒適応するHTMLのタイトルをクリック。

 

2、HTMLの<% content_header %>を探す。

 

3、HTMLの<% content_header %>の上に下のHTMLを追加する。

<% content.header -%>
<h1><% if:page_name eq 'index' %><% blog.title %><% /if %>
<% if:page_name eq 'category' %>  <% extra_title %><% /if %>
<% if:page_name eq 'article' %> <% extra_title %><% /if %>
<% if:page_name eq 'archive' %>  <% blog.title %>過去ログページ<% /if %>
</h1>
<% content.footer -%>

 

4、<% content_header %>の下に、以下のHTMLを追加。

<div style="text-align:right;"><a href="<% blog.page_url %>" accesskey="1"> <% blog.title %> </a></div>

 

5、保存ボタンをクリック。
*初めてHTMLのカスタマイズをする場合は、保存後適応をする。

 

6、デザイン⇒コンテンツ⇒ブログタイトルのコンテンツを削除(又は非表示)にして、保存。

 


 このカスタマイズだと、カテゴリーページでは、カテゴリー名がh1の見出しタグ。

 タイトルページだと各ページのタイトルがh1、過去ログだとh1に『ブログタイトル+過去ログ』と表示される。

 

 ちょっと大雑把だが、それでも初期設定の『全部のページでh1がブログタイトル』よりはSEO効果があるんじゃないかと思う。

 

 おー、だんだんFC2ブログのSEO対策カスタマイズなみのレベルになってきたぞ。

 

*うまくいかない場合は、<% content.header -%>と<% content.footer -%>を削ってみてください。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

Firefoxのメニューバーを表示させる方法

noimage

ローソン無料Wi-Fiの使い方

noimage
noimage

無料ファイル復元ソフト

キートップの文字が消えない「レーザー印字」ロジクール K310 Washable Keyboard
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

国税庁E-TAX用の作成ソフトが使えるようになったみたい

noimage

格安SIMカードでモバイルのインターネット代を節約

noimage

視覚異常の人の見え方を判別するソフト

noimage

Google・bloggerにAdSense広告を挿入する

noimage

「LINE電話(LINE Call)」Android末端で先行サービス開始

noimage

Lunascapeのダウンロードとインストール

Menu

HOME

 TOP