Lunascapeのダウンロードとインストール

 Lunascapeは、日本で開発された国産ウェブブラウザで、IEコンポーネントを利用した安定的なタブブラウザ。 

 ニュースティッカー完備、マウスジェスチャー対応、検索バー完備、無料配布されているツールバーにも対応、スキンの使用で自分好みのオリジナルブラウザの作成、ポップアップ広告のブロック、プロキシサーバーの簡単切り替え機能…などなどの機能がある。

 と言うことで、Lunascapeをダウンロードして使ってみた。

 

 ちょうどドル箱というポイントサイトで、 Lunascapeのダウンロードでポイントがもらえるというので、そのついでである。

 

Lunascape使用には、注意も要る。

 


Lunascapeの注意点

  1. OSを確認しよう。
  2. ダウンロードの場所に注意
  3. ダウンロードしたツールバー(楽天ツールバーなど)は初期状態では適応されない。

 


LunascapeはウインドウズOSでしか機能しない

 LunascapeはウインドウズOSでしか機能しない。

 スマートフォン用のLunascapeは存在するが、マックOSなどでは、機能しないのでご注意。

 


Lunascapeのダウンロードの場所はCドライブ・プログラムファイルに

 で、戸惑ったのは、Lunascapeのダウンロードの場所。

 LunascapeはCドライブの中のプログラムファイルへダウンロードする。

 別の場所へダウンロードして、インストールしようとしてもインストールできない。

 何もしないでいると、ダウンロードのウインドウは、一番最近使ったフォルダが開いてしまう。

 ちゃんと、ダウンロードの場所をプログラムファイルにしていして、ダウンロードしよう。

 


ダウンロードしたツールバー(楽天ツールバーなど)は初期状態では適応されない。

 もしかすると、組み込む方法があるのかもしれないが、今のところちょっとわからない。

 


 インストールは通常と同じ、ダブルクリック。

 IEのお気に入りを引き継ぐかどうか・通常使うブラウザに指定するかどうかのダイアログがでるので、選択して、次へをクリック。

 通常使うエンジン、Trident(Internet
Explorer(R)で利用されているエンジン)・Geckoエンジン・webkitの3種類の中から選択。

 

 インストールが済むとデスクトップにLunascapeのショートカットが作成される。

 

 タブブラウザなので、新しいウインドウは、基本的にタブで展開される(設定で『新しいウインドウ』で開くこともできる)

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

無料Wi-Fi公衆無線LANサービス「セブンスポット」

noimage

MoneyLookのCSVファイルをMoney通帳に取り込む

noimage

Googleストア以外のAndroidアプリの入手先

noimage

ADSLとWiFiどちらが安い

noimage

アンインストールソフト・Revo Uninstaller

noimage

Gメールをストレージとして使うことのできるソフト

noimage
noimage
noimage

多機能・高機能テキストエディタBigEditor

noimage
noimage

PCデポで無料Wi-Fi接続できる

noimage
noimage
noimage

OCNの無料家計簿

noimage

Menu

HOME

 TOP