ドコモケータイdatalinkでFOMA携帯のデータをPCの表計算ソフトで使えるようにする

 まだまだスマートフォンに機種変更する気の無い管理人。

 ドコモのFOMAを使い続けるつもりなので、ドコモFOMAとパソコンでのデータの共有の仕方を少し書いておこうと思う。

 ドコモのFOMAの場合、ドコモケータイdatalinkを使って、PCのアウトルックや表計算ソフトエクセルでデーター管理をすることも出来る。

 SDカードをつかって、PCデーターを共有化することもできる。

 今回は、ドコモケータイdatalinkを使って、表計算ソフトなどにデーターを保存する方法を少し。

ドコモケータイdatalinkでFOMAのデータをPCの表計算ソフトで使う

【必要なもの】

  • ドコモケータイdatalink(無料ソフト)
  • データ通信用のケーブル

*2015年6月でドコモケータイdatalinkソフトの提供が終了。

 ソフトのダウンロードリンクはインターネットアーカイブで可能な様子。

ドコモケータイdatalink(無料)ダウンロードはこちら

csvでデーターを保存する。

1、ドコモケータイdatalinkを開いたら、下のほうにある[電話帳]のアイコンをクリック

2、ドコモケータイdatalinkに携帯電話の電話帳データーを取り込む
 上の方にあるアイコン[読み込み]アイコンをクリック→PC画面に指示が出てくるので、指示に従って、PCソフトにデーターの取り込みをする。

3、[ファイル]→[エクスポート]→[csv]→保存場所を選んでファイルを保存する(テキストファイルで保存される)。

CSVファイルをエクセルなどの表計算ソフトで編集する。

*マイクロソフトのオフィスソフトでもフリーソフトのオープンオフィスなどでも使い方はほぼ、同じ。

1、表計算ソフトを開く

2、[ファイル]→[開く]→保存したファイルを指定する。

3、[テキストのインポート]という窓が出てくるのでフィールドの項目を[標準]から[テキスト(エクセルの場合は”文字列”)]に指定変更して、確認して[ok]ボタンをクリック。

*フィールドの項目を[テキスト]に変更しないと、電話番号から先頭の0(ぜろ)が抜けてしまう。

*後は、表計算シフトで編集することが出来る。

4、保存は、保存形式をCSVのまま保存。

*この編集保存したファイルは、アウトルックや宛名書きソフトなどのデータにも使える。

Microsoftオフィスならもっと簡単

 ちなみに、マイクロソフトのアウトルックをインストールしてある場合、ドコモケータイdatalinkとのデーターのやり取りは、CSVファイルにしなくても簡単にアウトルックに適したデーターに出力できる。

 アウトルックのデータファイルとしてエクスポートしたほうがはるかに簡単。

ドコモケータイdatalinkソフトのダウンロードについて

 2015年6月でドコモケータイdatalinkソフトの提供が終了。

 ソフトのダウンロードリンクはインターネットアーカイブで可能な様子。

https://web.archive.org/web/20150416025238/http://datalink.nttdocomo.co.jp/data/datalink/datalink_setup_1.9.8.26.exe

 2014-2015冬春モデルの P-01G / N-01G まで対応しているらしい。

対応機種・動作環境 | ドコモケータイdatalink(データリンク) | NTTドコモ

 リンクをクリックすると、ファイルのダウンロード画面が出てくる。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」によるデータの上書き?
拡張子を表示する方法
noimage
ウィンドウズPCのログオン(ログイン)パスワードを設定する
IEMを人名地名モードにして名前の入力で楽しよう
Windowsパソコンのログオン(ログイン)パスワードを解除する
基本的には電源ボタンを押して、パソコンを終わらせちゃだめよ
noimage
PDFにはどんなメリットがある?
付箋アプリがWindows10にない!
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
家で作ったエクセルが会社のエクセルで開けない!拡張子を見てみよう
印刷が勝手に縮小される
PDFのオリジナルスタンプをOpenOfficeWriterで作る
パスワードを忘れてしまったらパスワードディスク(パスワードリセットディスク)を作ろう

Menu

HOME

 TOP