ウインドウズ8はどこに行く?

 ウインドウズ8の特徴と言えば、タッチパネル。

 パソコンの液晶パネルにタッチすることで、パソコンを操作すると言うもの。

 ウインドウズ7までと違って、どちらかと言うと、スマートフォンやタブレット末端などを意識したOSと言える。

 

 マイクロソフトとしては、さて、どういう戦略なのか?

 

 スマートフォン・タブレット末端のOSとして普及を目指すのか?

 

 現在のスマートフォン・タブレット末端のOSは、アンドロイドとIosで99%を占めている。

 

 一方のウインドウズは、パソコンに関しては、圧倒的なシェアを持つ。

 

 パソコンとスマートフォン・タブレットのOSを統一することで、互換性が増すのはいいことだけど。

 

 さて、どうなるかなあ?

 

 ちなみに、パナソニックからウインドウズ8のパソコンにもタブレットにもなるって言うパソコン(AX2シリーズ)の販売が予定されている。

 

 販売は10月26日からになるようだ。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage
noimage

Business Calendar Freeはスタイリッシュで使いやすい

noimage
noimage
noimage
noimage

Google VoiceとSkypeどちらがお得?

noimage

Enterキーで横のセルに移動させる

noimage

Skypeの登録からソフトのインストールまで

noimage
noimage
noimage
noimage

OCNの無料家計簿

noimage

CSVとVcardを変換するソフト

noimage

親子カテゴリの親カテゴリだけ表示する

Menu

HOME

 TOP