ウインドウズ8はどこに行く?

 ウインドウズ8の特徴と言えば、タッチパネル。

 パソコンの液晶パネルにタッチすることで、パソコンを操作すると言うもの。

 ウインドウズ7までと違って、どちらかと言うと、スマートフォンやタブレット末端などを意識したOSと言える。

 

 マイクロソフトとしては、さて、どういう戦略なのか?

 

 スマートフォン・タブレット末端のOSとして普及を目指すのか?

 

 現在のスマートフォン・タブレット末端のOSは、アンドロイドとIosで99%を占めている。

 

 一方のウインドウズは、パソコンに関しては、圧倒的なシェアを持つ。

 

 パソコンとスマートフォン・タブレットのOSを統一することで、互換性が増すのはいいことだけど。

 

 さて、どうなるかなあ?

 

 ちなみに、パナソニックからウインドウズ8のパソコンにもタブレットにもなるって言うパソコン(AX2シリーズ)の販売が予定されている。

 

 販売は10月26日からになるようだ。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

ApacheOpenOfficeCalcで文字の検索・置き換えを行う方法

noimage
noimage

OpenOffice.org Calcのシートの名前を変更してみよう

noimage
noimage

ブラウザのパスワード管理機能にご用心

noimage

AndroidOSを4.04にして変わった事

noimage

Thunderbirdと拡張機能(アドオン)のインストール

noimage
noimage
noimage
noimage

gooワンビリング

noimage
noimage

検索向けアドセンスの編集ができない

noimage

iPad mini VS Nexus7

noimage

6インチアンドロイドタブレット

Menu

HOME

 TOP