Windows Live IDを収得してWindows Live メッセンジャーで無料通話

 Windows Live メッセンジャーでも、パソコンやスマートフォンで無料通話ができる。

 まずは、Windows Live IDを収得しよう。

 Windows Live IDは無料で収得できる。

 Windows Live ID はメッセンジャー、Hotmail、SkyDrive などの Windows Live サービスの他、MSN のサービス、Xbox Live などのさまざまなサービスで共通で利用することができます。

 

 Windows Live IDの収得方法

 1 Windows Live ID新規登録ページにアクセス。

2、 Windows Live Hotmail のアカウント、つまり Windows Live Hotmail メール アドレスとなる文字列を入力します。
 
3、 [使用できる ID か確認] ボタン: クリックすると、入力した ID が使えるかどうかがわかります。 

4、 パスワードの入力 / パスワードの確認入力: Windows Live にサインインする際に使用するパスワードを 2 か所に入力します(両方に同じ文字列を入力します)。
 パスワードの長さは 6 文字以上で、大文字と小文字の区別があります。
 パスワードの安全性を高めるために、長さは 7~16 文字程度にし、大文字、小文字、数字、記号を混ぜた解読、類推しにくい文字列にするように心がけましょう。

5、連絡用メール アドレス: パスワードを忘れてしまった場合に、Windows Live ID とパスワードを確認するために利用するメール アドレスを設定します。
 メール アドレスをお持ちでない方(またはここにメール アドレスを記入したくない方)は、連絡用メール アドレスを入力する代わりに、"秘密の質問"を設定しておくことで、パスワードを忘れてしまったときの対応が可能です。

6、 各種個人情報: 姓、名、国/地域、都道府県、郵便番号、性別、生まれた年を入力または選択します。
 
7、セキュリティ対策の一環として、グレー枠内に表示されている文字を入力します。
 もしグレー枠内に表示されている文字が読みづらい場合には、グレー枠右側の [新規] ボタンをクリックしましょう。
 新しい文字のセットが表示されます。 
  [音声] ボタンをクリックすると、表示されている文字の代わりに音声で告知された数字を入力する方式に切り替えることができます。 

8、 [同意する] ボタン: すべての情報の入力が終わり、マイクロソフトの使用条件とプライバシーに関する声明に同意する場合は、このボタンをクリックしてください。

  これで登録作業は完了です。 Windows Live Hotmail に自動的にサイン インして画面が切り替わります。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Outlook Expressのメールのバックアップをとろう
OutLookでメールが届いたかどうかがわかるようにする
Outlook ExpressでYahoo!メールを送受信してみよう
独自ドメインでメールを作る・レンタルサーバーミニバード
アウトルック2013で新しくメールを作成して送信する
Yahoo!メールでセーフティーアドレス(サブメールアドレス)を作ろう
WindowsLiveメールのアドレス帳データをvCard形式(vcf)でインポート・エクスポート
Windows Live Hotmailは事実上無制限の大容量
OutlookとWindowsLiveメールを比べてみよう
Outlook ExpressからWindows Live メールへ移行
Yahoo!メールの便利な使い方

Yahoo!メールの便利な使い方

WindowsXPにWindows Live メールをインストール
Gmailでサブアドレスを作ろう

Gmailでサブアドレスを作ろう

OutlookExpressからWindows Live メールへ連絡先やアドレス帳の移行
Microsoftのwebメール・Outlookcomでもサブメールアドレスが作れるらしい

Menu

HOME

 TOP