Windows Live メッセンジャーをダウンロード・インストール

 Windows Live メッセンジャーでも、パソコンやスマートフォンで無料通話ができる。

 Windows Live IDを収得したら、Windows Live メッセンジャーをダウンロードしてみよう。

 

 

Windows Live メッセンジャーをダウンロード・インストール

1、Windows Live
Messenger をダウンロードする。
 * Windows Live Messenger 2011は、Windows Vista
Service Pack 2 以上で利用可能。
 XPの場合はMessenger 2009 、Windows 98、Windows
2000、Windows MeはMSN Messenger 7.0。
 Mac OS X の場合はMicrosoft Messenger for
Mac、iPhone OSの場合はWindows Live Messenger for iPhoneをダウンロード。

2、ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを開始。
 [ユーザーアカウント制御] のウィンドウが表示された場合は
[はい] を選択。
 画面の指示に従ってインストールを進めます。 Windows Live Essentials 2011 は、Windows Live
メッセンジャー 2011 の他、フォ トギャラリー、ムービー メーカー、メール、Writer、ファミリー セーフティ、Windows Live Mesh
など、便利なアプリケーションも一緒にインストールすることができます。

 これらを一括でインストールする場合は [Windows Live
Essentials をすべてインストール] をクリック。

 アプリケーションを選択してインストールしたい場合は [インストールする製品の選択]
をクリックしてインストールを続行。

 3、 Windows のスタートメニューの [すべてのプログラム] から [Windows
Live] フォルダー内の [Windows Live Messenger] を選択しメッセンジャーを起動させます。

4、 Windows
Live ID と、そのパスワードを記入してサインイン。

 

 個人のパソコンの場合は、[自動的にサインイン]
にチェックを入れておくと、パソコンがネットにつながると、自動的にメッセンジャーにサインインできて便利です。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

サイズの違うSIMカードを利用するには?

noimage

落雷などで、モデムやルータが壊れている場合もある

noimage

金環日食の動画を見つけたのでお披露目

noimage

複数のフォルダやファイルを選択して移動させる

noimage
noimage
noimage
noimage

AndroidOSを4.04にして変わった事

noimage

Windows7の標準電卓機能の使い方

noimage
noimage
noimage

F-3Dの通話方法がわかりにくい

noimage

HiMakeDocはAndroidで使えるか?

noimage

Googleの日本地図データーをオフラインで利用する

noimage

WindowsXPの次は

Menu

HOME

 TOP