Outlook Expressでエラー番号:0x800c0133が出て送受信できない時は

 Outlook Expressを使っていると、ある日突然メールの受信ができなくなったりする。

 これ、実は、Outlook Expressの容量制限のせい。

Outlook Expressは2GBを超えるメールを受信すると、送受信ができなくなってしまう

 Outlook Expressは2GBを超えるメールを受信すると、送受信ができなくなってしまうのだ。

 これを防ぐために、無駄な領域を削除し空きディスク領域を増やすために、Outlook
Expressにはメッセージを最適化する機能がある。

 が、この最適化をすると受信トレイからメッセージが消失することがある。

 エラー番号:0x800c0133が出た場合などは、過去に受信したメールが2GBを超えてしまっているせいかもしれない。

0x800c0133が出た場合の対処方法

 0x800c0133が出た場合、過去の受信メールの保存先フォルダの名前を変えてバックアップファイルにしてしまうと、受信できるようになる。

 名前を変えた過去メールの保存フォルダは、インポート機能を使えば閲覧・復元できる。

Outlook Expressでエラー番号:0x800c0133が出て送受信できない時の対処法

1.Outlook Expressを起動します。

2.「ツール」メニュー→「オプション」の順にクリック。

3.「オプション」が表示されます。「メンテナンス」タブをクリック。

4.「保存フォルダ」ボタンをクリック。

5.「保存場所」が表示されるので、英字や記号が表示されている場所を右クリック→「すべて選択」をクリック→同じ場所を右クリックし、「コピー」をクリック。

6.Outlook Expressを終了。

7.「スタート」ボタン→「ファイル名を指定して実行」の順にクリック。

8.「名前」欄を右クリック→「貼り付け」をクリック。

9.「OK」ボタンをクリック。

10.「Outlook
Express」フォルダが展開された状態で表示されるので、「表示」メニュー→「移動」→「1つ上の階層へ」の順にクリック。

11.「Outlook Express」フォルダを右クリック→「名前の変更」をクリック。

12.フォルダの名前を入力(Outlook
Express以外のわかりやすい名前を付ける)→【Enter】キーを押す。

13.Outlook Expressを起動させる。

14.「ツール」メニュー→「送受信」→「送受信」の順にクリック。

 これで、新しいメールが送受信ができるようになるはず。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WindowsXPにWindows Live メールをインストール
Outlook ExpressからWindows Live メールへ移行
独自ドメインでメールを作る・レンタルサーバーミニバード
Outlook2013で届いたメールに返信する
noimage
Yahoo!メールのメールボックスの容量について
OutLookでメールが届いたかどうかがわかるようにする
Yahoo!メールの便利な使い方

Yahoo!メールの便利な使い方

Yahoo!メールでセーフティーアドレス(サブメールアドレス)を作ろう
Yahoo!メールをOutlook Expressで見てみよう
メール送信ができなかったときのメッセージ
Gmailでサブアドレスを作ろう

Gmailでサブアドレスを作ろう

Microsoftのwebメール・Outlookcomでもサブメールアドレスが作れるらしい
Mozilla ThunderbirdのスケジュールをAndroid末端に取り込む
OutlookとWindowsLiveメールを比べてみよう

Menu

HOME

 TOP