WindowsXPにWindows Live メールをインストール

 Windows Live メールはWindowsXPでも利用できる。

 Windows7以上のWindowsOSでは、Outlook
Expressのような標準のメールソフトがインストールされていない。

 Outlook Expressも使えないので、Windows Live
メールなどを個別にインストールする必要がある(PCによっては、既にWindows Live メールがインストールされている場合もある)

 てなわけで、XPを使ってる人でも、Windows Live
メールになれるために、インストールして使ってみてもいいかも。

 WindowsXPでWindows Live メールをインストールする方法を。

WindowsXPでWindows Live メールをインストールする方法

1. Windows Live
メールをダウンロードサイト(http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=3945)から入手。

 画面右側にある[今すぐダウンロード] をクリック。

2. メッセージが表示されたら、[実行] をクリック。

3. メッセージが表示されたら、[実行する]をクリック。

サービス利用規約の画面が表示されたら、利用規約を確認のうえ、問題がなければ[同意する]
をクリックして次へ進む。

4.インストールするソフトウェアを選択します。[メール] にチェックを入れて、[インストール]
をクリック。

5. インストールの途中で設定を変更するかどうか聞かれます。

 必要に応じてチェック ボックスをオンにして、[続行] をクリック。

6. インストールが完了[閉じる] をクリック

7. [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] -[Windows Live]
をポイントして、[Windows Live メール] を選択すると、Windows Live メールが起動します。

 Windows Live メールを通常使用するメール
ソフトにするかどうか尋ねるメッセージが表示されるので、通常使用する場合は[はい] をクリック。

8. Windows XP 上で、これまで使用していた Outlook Express
のメール環境(メールの設定・メールデーター含め)が、Windows Live メールに引き継がれていることが確認できます。

 WindowsXPにインストールしたWindows Live
メールのデーターをWindows7に移行するためには、バックアップツールを使えば、同じPCでOSをアップグレードした場合でも簡単にできる。

おすすめ記事

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Gmailを他のwebメールやメールソフトにバックアップする方法
Microsoftのwebメール・Outlookcomでもサブメールアドレスが作れるらしい
Outlook ExpressでYahoo!メールを送受信してみよう
フリーメールサービスInter7のメールアドレスが2チャンネルに流出
Outlookの連絡先をほかのパソコンで使う
Yahoo!メールをOutlook Expressで見てみよう
Outlook2013で届いたメールからメールアドレスを連絡帳に登録する方法
Zipフォルダーを作って添付ファイルの容量を減らそう
webメールのパスワードと他のサイトのパスワードは別のものを設定しよう
Gメールが利用できない国があるんだって
独自ドメインでメールを作る・レンタルサーバーミニバード
Yahoo!メールでセーフティーアドレス(サブメールアドレス)を作ろう
Windows Live Hotmailは事実上無制限の大容量
Yahooメールをメールソフトに転送
OutlookExpressからWindows Live メールへ連絡先やアドレス帳の移行

Menu

HOME

 TOP