Outlookの予定をエクセルでジョルテに追加できるCSVデーターにする方法

 OutlookとジョルテのCSVデーターを一致させて、Outlookから出力されたデーターをAndroidスケジュールアプリ『ジョルテ』に保存できるCSVデーターに変換してみよう。

 使うのは、エクセルとエンコードを変更できるテキストエディタ(CSV編集ソフトでもOKだが)。

?

Outlookの予定をエクセルでジョルテに追加できるCSVデーターにする方法

1、OutlookからCSVデーターを出力。
*ジョルテのフィールドに一致させておくこと。

2、エクセルを開く⇒『データー』⇒『外部データーの取り込み』⇒『ファイルのインポート』⇒『すべてのファイル』⇒『保存したOutlookのCSVデーターを指定』⇒『次へ』⇒【カンマ区切り】、【文字列の引用符『なし』】⇒『次へ』⇒『完了』

3、Ok

4、『編集』⇒『置き換え』⇒『元の文字は"を指定』⇒『すべて置き換え』をクリック。

5、列Aをクリック⇒『右クリック』⇒『セルの書式設定』⇒『西暦/月/日(YY/MM/DD)』で指定。

6、列Bをクリック⇒『右クリック』⇒『セルの書式設定』⇒『西暦/月/日(YY/MM/DD)』で指定。

7、列Cを⇒『右クリック』⇒『セルの書式設定』⇒『時間』⇒『MM:SS(12:45とか)で指定。

8、列Dを⇒『右クリック』⇒『セルの書式設定』⇒『時間』⇒『MM:SS(12:45とか)で指定。

9、列F・G・K・N・O・P列をそれぞれクリック⇒『編集』⇒『置き換え』⇒『置き換える文字は0を指定』⇒『すべて置き換え』をクリック。

10、列Hをクリック⇒『編集』⇒『置き換え』⇒『置き換える文字はAsia/Tokyoを指定』⇒『すべて置き換え』をクリック。

11、列Iをクリック⇒『編集』⇒『置き換え』⇒『置き換える文字は2を指定』⇒『すべて置き換え』をクリック。

12、列Rは通知時間を打ち込み。

13、名前をつけて保存。

14、CSVのエンコードを指定できるテキストエディタで開き、ジョルテに追加保存したい場合は、フォルダ名を、『schedule_add_data.csv』、上書き保存したい場合はフォルダ名を『schedule_data.csv』に変更し、エンコードUTF-8で保存しなおす。

15、保存した、『schedule_add_data.csv』または『schedule_data.csv』を右クリック⇒『コピー』⇒ジョルテの保存ホルダに貼り付ける。

16、Android末端を起動。

17、ジョルテを起動⇒『設定』⇒『ジョルテデーターの入出力』で、『上書き』又は『追加』を選択。

?

*繰り返しのデーターは保存されない(初回の予定のみが入力される)。

?

 エクセルで行う処理は、一連の処理をマクロにして記録しておくと次回から処理が楽。

 エクセルで、エンコードの処理もできれば、もっといいのだが・・・。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

Android末端のスリープまでの時間の変更

noimage

Baidu(百度) IMEを削除する方法

noimage
noimage
noimage

エレコムの外付けテンキーを買った

noimage
noimage
noimage
noimage

リロードとスーパーリロード

noimage

Googleの無料ブログbloggerのはじめ方

noimage
noimage

GoogleマップをPCでオフライン利用・GMapCatcher

noimage

gooワンビリング

noimage

F-03D Girls’の留守電機能(伝言メモ)の設定の仕方

Menu

HOME

 TOP