Windows更新プログラムインストールでパソコンが起動できなくなった

 6月12日のWindowsの自動アップデートがあった。

 自動更新にしていたので、そのまま、インストール。

 で、パソコンを再起動したら、トラブル発生。

 ログインすると、再起動を繰り返す。

 仕方が無いので、セーフモードでパソコンを起動。

 システムの復元で、Windowsアップデート前の状態に戻した。

 これで、ちゃんと、起動できるようになった。

 皆さんも、セーフモードの起動の仕方だけは、覚えておいたほうがいい。

 

セーフモードでWindowsを起動する方法

1、パソコンを起動したら、F8を繰り返し押す。

2、上方向キーや下方向キーで [セーフ モード] を選択し、Enter キーを押します。

 

3、セーフモードで Windows を起動すると、「ようこそ画面」に通常使用するアカウントと [Administrator]
アカウントが表示されます。

4、 通常使用しているアカウントでログイン(とMicrosoftのHPには書いてあるが、[Administrator]
でログインしてしまった、が問題なかった)。

5、 "Windows はセーフ モードで実行されています。" というメッセージが表示されたら、[はい] をクリック。

 

 

システムの復元

1、セーフモードで、Windowsを起動したら、通常通り、「スタート」⇒「システムの復元」をクリック。

2、復元ポイントを選んで、「OK」をクリック。

3、システムが復元されるまで待つ(時間かかる場合があります)

4、パソコンが再起動されるので、再度ログイン。

 

 

Windowsアップデートをしないで電源を切る方法

・「スタート」⇒『終了オプション』⇒『更新インストールせずに電源を切る』のリンクをクリック。

 

 さて、原因は、セキュリティソフトとWindows XPセキュリティ更新(KB2839229)の不適合。

 どうも、キングソフトのセキュリティソフトと、Microsoftの更新プログラムの不適応にあるらしい。

その後、キングソフトから、不都合を解消するためのプログラムが配布されて、不都合は解消された。

 

 でも、その後も、同じような症状を起こすパソコンがあるらしい。

 やはり原因は、Windows XPセキュリティ更新(KB2839229)。

 日本国外では既にWindows 更新プログラム「KB2839229」の配布を停止している。

 日本国内でも対応を求める申し入れをMicrosoft社に対し行っているようだ(15日現在、Microsoftでは、更新プログラム「KB2839229」の配布を日本国内でも停止している)。

 また、対象環境に該当しなければ干渉は発生しない 。

 今回の不都合は、キングソフトのウィルスソフトに問題が有るわけで無いようだ。

 Windowsの更新プログラムでトラブルが発生するという現象は、この、キングソフトとの相性問題以前にもあったらしく、このときはvistaなどが対象だった。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

ブラウザのパスワード管理機能にご用心

noimage
noimage

Skypeから固定電話や携帯電話と通話する方法

noimage
noimage

USBハブが認識されない

noimage

Windows7からLinuxOSを削除したい場合

noimage

オフラインのアンドロイドアプリ・どんなものがある?

noimage
noimage

ページタイトルを設定するFC2ブログテンプレートのHTML

noimage

BUFFALO有線ルーター導入

noimage

Windows7の便利アプリ・電卓

Googleツールバーの自動翻訳をOFFにする方法

Googleツールバーの自動翻訳をOFFにする方法

noimage

パソコンの節電、効果があるのはどんなこと?

noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP