LinuxOSの設定をする前に、調べた設定のしかたをUSBメモリやSDカードに保存しておこう

 LinuxOSの設定をする前に、調べた設定のしかたをUSBメモリ(LinuxOSをインストールしたUSB以外)やSDカードに保存しておくことをお勧めする。

 Linuxの設定はそれほど難しいものでもないのだが、それでも、記憶力だけで設定するのは難しい。

 Linuxを起動しても、Windowsのファイルはそのままでは閲覧したり編集したりできない。

 が、外部記憶装置に保存してあれば、テキストやCSVファイルが利用できる。

 

外部記憶装置に保存しておいたほうが良いデーター

・調べたLinuxの設定の方法

・インターネット接続用のID、パスワード

 

データー形式

・テキスト又はCSV形式で保存しておくと、大抵のLinuxで開くことができる。

 

Ubuntu 12.04.2の場合の外部記憶装置に保存したデーターの利用方法

1、Ubuntu 12.04.2の場合、画面右端にUSBにアクセスするためのアイコン?が表示されるので、其れをクリック。

2、該当するファイルを右クリック。

3、テキストファイルやCSVの場合、『テキストエディタで開く』を選択すると、すぐにファイルデーターが表示される。 

 

 表示されたファイルを見ながら、設定をするととっても楽にLinuxの設定ができる。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

GoogleのOS、Google Chrome OSの使い勝手は?

noimage

Linux(無料OS)は使えるか?

厄介なMicrosoftの「Silverlight 」

厄介なMicrosoftの「Silverlight 」

Windows10無料アップデートのシステム条件

Windows10無料アップデートのシステム条件

Linux・UbuntuにAdobe Flash Playerをダウンロード

Linux・UbuntuにAdobe Flash Playerをダウンロード

noimage

Ubuntu 12.04.2のアプリ(ソフト)の起動方法

noimage

使いやすいLinuxはどれだ?

Linux・Ubuntu で、楽天ツールバー実装・Mozilla Firefox編

Linux・Ubuntu で、楽天ツールバー実装・Mozilla Firefox編

noimage
USBにLinuxOSをインストールする方法

USBにLinuxOSをインストールする方法

Ubuntu 12.04.2日本語版のUSBインストールと日本語化

Ubuntu 12.04.2日本語版のUSBインストールと日本語化

ハードディスクにインストールしたUbuntu 12.04.21とWindowsの起動の切り替え
Ubuntu 12.04.2は8GBUSBメモリーで起動させるには容量が大きいみたい・と思ったら実は?
LinuxOS・Ubuntu 12.04.2のインターネット接続の設定(ADSLモデム、光回線との直接接続の場合)

Menu

HOME

 TOP