USBメモリーが『書き込み禁止になっています』の対処方法・transcend製品の場合

 USBメモリーが『書き込み禁止になっています』という警告が出るようになった。

 いま、使っているUSBメモリーは、transcendというメーカーの製品。

 transcendのUSBメモリーは、永久保障で製品を壊れたときは送料だけで交換してくれる。

 が、問題は中身。

 コピーはできるが削除ができない。

 このまま、中身を見れる状態で、メーカーに送るのはちょっと問題が・・・・。

 フォーマットも『書き込み禁止になっています』という警告が出て受け付けてくれないし。

 そしたら、transcendのUSBメモリーにはリカバリーツールがあることが判明。

 このツールを使うと、大体のtranscendのUSBメモリーは復活できるとかって話。

 だめもとで、ツールをダウンロードして使ってみた。

 そしたら、ちゃんと使えるようになった。

transcendのリカバリーツールを使ってUSBメモリーを再生する

1、該当のUSBメモリーの必要なファイルをパソコン内にコピー。

2、transcendの公式HPにアクセス

1)「サポート」⇒「サービス&ダウンロード」

2)「USBメモリ」をクリック。

3)対象のUSBメモリーをクリック。

4)「JetFlash Online Recovery」のファイルの下にある↓をクリック。

*「JetFlash Online
Recovery」はtranscendのUSBメモリー共通のリカバリーツールなので、USBメモリの型番がわからなくても特に問題ないようだ。 

こちらのアドレスからでも「JetFlash Online Recovery」のダウンロードができる

5)リカバリーツールのダウンロードが始まる。 

3.ダウンロードした圧縮ファイルをダブルクリックで解凍し、該当のUSBメモリーをパソコンに挿入したまま、実行ファイル(.exe)をダブルクリックして起動⇒OKボタンをクリック。

4.USBメモリーを抜き差しする画面が出たら、該当USBメモリーを取り外して再接続して正しく動作するか確認。

5.EXITボタンを押して終了。

transcendUSBリカバリーツール対象OS

Microsoft Windows Vista

Microsoft Windows 7

Microsoft Windows 8

Microsoft Windows 8.1

フォーマットされてしまうのでUSBメモリの中身は残らない

 リカバリーツールを使ったUSBメモリはフォーマットされてしまうので、中身のデーターは残らない。

 でも、USBメモリーとしては再利用できる。

 ただし、transcendのUSBメモリー以外にも利用できるかどうかは試していないのでわからない。

 メーカーによっては、このUSBメモリーのリカバリーツール用意されているものもあるようだ。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ソフトはゴミ箱に捨ててはいけません!
無線LANに安全に接続するための暗号化の確認
パスワードディスクの使い方
Windows・Linuxのテキストファイルの文字化けを防ぐ方法
ファイルを削除するとどうなる?
Baidu(百度・バイドゥ) IME
勝手に共有ホルダーのファイルが読み取り専用になってしまった
複雑な昔の漢字も入力できるIMEパットの使い方
画像ファイル形式「WMF」の利用方法
文字入力したいのに数字が入力されちゃうNumLkの解除方法
フレッツADSLを使ってる人はうっかりミスにご注意
フォルダの中のファイルの表示が思うようにならないとき
期限切れのセキュリティソフトは使い続けてちゃいけません!
パスワードを忘れてしまったらパスワードディスク(パスワードリセットディスク)を作ろう
シャットダウンとスタンバイ・スリープ、どれが一番節電になる?

Menu

HOME

 TOP