user agent switcherを導入してFirefoxでIEやスマートフォンサイトを表示させる

 FirefoxでマイクロソフトのIEしか受け付けてくれないようなサイトを表示したい場合、方法はいくつかあるようだ。

 ひとつは、IETab・IEviewerというアドオンを導入する。

 もうひとつは、user agent switcherというアドオンを導入する。

 

 これらのアドオンを導入すると、FirefoxをWindowsのIEに見せかけることができる。

 

 user agent switcherのほうは、IEに見せかけるだけでなく、iphonに見せかけることもできる。

 ということで、user agent switcherを使うと、スマートフォン専用サイトを閲覧することも可能だ。

 IEでしかログオンできないサイトにも、ログオンできたりする。

 

Firefoxに、user agent switcherを導入してみよう

1、画面上部の『Firefox▽』をクリック(または、ツール⇒アドオン)。

2、『アドオン』をクリック。

3、検索窓に「user agent switcher」を入力し検索ボタンをクリック。

4、「user agent switcher」のインストールボタンを押して、アドオンのインストールを行う。

6、Firefoxを再起動。

7、ツールバーまたはアドオンバーを有効にする。

user agent switcherを使ってみよう・ツールバーから起動

1、ツールバーの『ツール』をクリック。

2、user agent switcherをクリック。

3、IEでサイトを表示したい場合は、『Internetexplorer』をクリック。

4、サイトを更新(リロード)する。

 

Firefoxの表示に戻したい場合

1、ツールバーの『ツール』をクリック。

2、IE表示の場合は、『Internetexplorer』、iphon表示の場合は『iphon』の文字をクリックし、Default User Agentをクリック。

3、サイトを更新(リロード)する。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

WiFiの問題点

noimage

Google Readerついに廃止

noimage
noimage
noimage
noimage

7インチタブレットはでかいなあ

noimage
noimage

スマートフォンの通話料半額・楽天でんわ

noimage

Googleアドセンスのメールサポート

noimage

Business Calendar Freeはスタイリッシュで使いやすい

noimage
noimage

LINEってどんなサービス?

noimage
noimage

bloggeの投稿者の名前(ハンドルネーム)を変更する

noimage

プラグインの説明文にも変数やHTMLが入れられる

Menu

HOME

 TOP