マウスがおかしくなったら、マウスチャタリングキャンセラを使ってみよう

 マウスの調子が悪いときは、もしかすると、 チャタリングというもののせいかもしれない。

チャタリングってなに? 

 チャタリングとは、スイッチ機構やリレー機構などにおいて、オン・オフの接点が切り替わる際に、オン・オフが細かく繰り返される現象のことである。
 チャタリングは装置の微細な振動などによって生じる。
 チャタリングが発生すると、ほとんど一瞬の間に複数回のオン・オフ切り替えが行われたことになってしまう。

 まあ、要するに、一回マウスボタンを押しただけなのに複数回押した状態になってしまうこと。

 チャタリングがおきるとシングルクリックがダブルクリックになったり、ウィンドウを閉じるときに、複数のウィンドウが一緒に閉じたりする。

 マウスなども古くなるとこのチャタリングがおきやすくなる。

 

チャタリングのおきたマウスを再生利用する

 チャタリングのおきたマウスを再生利用するソフトも存在する。

 マウスチャタリングキャンセラという。

1、 マウスチャタリングキャンセラをダウンロード。

2、32ビットWindowsを使っている人は『X86』、64Bit版Windowsを使っている人は『X64』を右クリック⇒開く⇒すべて展開。

3、ChatteringCanceler.exeをダブルクリックで開く。

 タスクトレイに格納されるので、そのまま、マウスを使えばOK。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

bloggerにはトラックバックの機能が無い

noimage

OpenOffice.orgからLibreOfficeとApache OpenOfficeへ

noimage

Google・bloggerにAdSense広告を挿入する

noimage

エクセルのマクロを使ってみよう

noimage
noimage

Linuxにもいろいろある

noimage

無料ブログサービス『LOVELOG』提供終了

noimage

Nexus 7の仕様

noimage
noimage

GPS機能のメリット

noimage

GyaO! はただいま、3周年記念・映画も目白押し

noimage
noimage

Googleの無料ブログbloggerのはじめ方

noimage

ようやくブログ移転完了

noimage

Menu

HOME

 TOP