Windows7はパーティションの変更も簡単にできる

 Windows7では、パーティションの変更が割りと簡単にできる。

 パーティションというのは、パソコンのハードディスクの割り当てみたいなもの。

 『コンピューター(XPならマイコンピューター)』を右クリックしたときに、外付けのハードディスクもつけてないのにCドライブ以外のドライブが表示されている場合があるが、あれは、ひとつのハードディスクをパーティションで区切っている。

 

 Cドライブは空きがないのに、Dドライブがまったく使われていないなんて場合Dドライブの容量を少なくしてCドライブの容量を増やしたりできる。

 あるいは、DドライブをなくしてCドライブだけにしてしまうことも可能。

 WindowsXPまでは、このパーティションの変更、専用のソフトを使う必要があったり、フォーマットする必要があったりと何かと面倒だったのだが、Windows7では、本当に簡単に変更できるようになった。

 

パーティションを削除する方法

1)Windows7を起動させ『スタート』⇒『コンピューター』を右クリック。

2)『管理』⇒『コンピューターの管理』⇒『ディスク管理』。

3)ハードディスクのパーティションが表示される。

4)削除したいパーティションを右クリック。

5)『ボリュームの削除』を選択。

6)選択したパーティションが『空き領域』の表示になる。

*削除した領域のデーターは事前にバックアップを取っておくこと。

 中身消えちゃうからね!

 

利用できる領域を増やす

1)『空き領域』を右クリック。

2)『パーティションの削除』を選択。

3)『空き領域』から「未割り当て」と表示されたことを確認。

4)拡張したいドライブを右クリック(例C:)⇒「ボリュームの拡張」をクリック。

5)「ディスク領域(MB)を選択」欄に任意のサイズを入力し、「次へ」ボタンをクリック。

6)『完了』⇒Cの領域が拡大したことを確認し『閉じる』ボタンをクリック。

 

 ちなみにこのパーティションの変更で、インストールしたLinuxなどの削除もできる。

Linuxを削除したい場合の操作はこちらを見てね

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

強調するためのHTMLを使ってSEO・検索エンジン対策

noimage

ES ファイルエクスプローラーにパスワードをかけよう

noimage
noimage
noimage
noimage

ブラウザのパスワード管理機能にご用心

noimage

Windows7からLinuxOSを削除したい場合

noimage
noimage

Business Calendar Freeはスタイリッシュで使いやすい

noimage

OpenOffice.org Calcのシートの名前を変更してみよう

noimage
noimage

gooワンビリング

noimage
noimage
noimage

SEO上どのくらいのリンク数が望ましい?

Menu

HOME

 TOP