Windows7とWindows8のシャットダウンの方法

 Windowsパソコンのシャットダウンは、Windows7までなら『スタート』⇒『シャットダウン』。

 Windows8はちょっと(だいぶ)違う。

 Windows8.1はやっぱり『スタート』⇒『シャットダウン』が復活している。

 実は、Windows7はスタート⇒シャットダウンだけでなく、他にもシャットダウンの方法がある。

 今回は、Windows7と8のシャットダウンの方法をまとめてみた。

 

Windows7をシャットダウンする方法

1、[スタート]⇒[シャットダウン]をクリックしてパソコンをシャットダウンする。

2、Ctrl+Alt+Delを同時に押す⇒右下の電源マークをクリックしてシャットダウン。

3、Windowsロゴのついたキーを押す⇒シャットダウン。

 

Windows8をシャットダウンする方法

1、マウスカーソルを画面右上(または右下)⇒[歯車]クリック ⇒ [シャットダウン]

2、マウスカーソルを画面左下 ⇒ メトロスタート表示 ⇒ 右上の[ユーザー]クリック ⇒
[サインアウト]から[シャットダウン]を選択。

3、Ctrl+Alt+Delを同時に押す⇒右下の電源マークをクリックしてシャットダウン。

4、Windowsロゴのついたキーを押す⇒シャットダウン。

 

 Windows8.1の場合、スタートメニューが復活したので、スタートメニューからシャットアウトができる。

 他にも、電源ボタンを押すだけでもシャットダウンする設定方法がある。

 

Windows7で電源ボタンでシャットダウンする方法

1、[コントロールパネル]⇒[ハードウエアとサウンド]⇒[電源オプション]⇒[電源ボタンの動作の変更]

2、電源ボタンを押したときの動作をシャットダウンに選択する。

 

Windows8で電源ボタンでシャットダウンする方法

1、[コントロールパネル]⇒[電源オプション]⇒[電源ボタンの動作の選択]

2、電源ボタンを押したときの動作をシャットダウンに選択する。

 

 Windows7も8も、電源ボタン・スリープボタン・パソコンを閉じたときの動作それぞれに設定が可能。

 

 Windows8の操作は、今までのWindowsに比べて、独特だが、Windows8の所有者は無償で、Windows8.1へグレードアップができるというから、使い慣れた、Windowsの操作でシャットダウンできるよう8.1にグレードアップするのが一番楽かもしれない。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Windows7(8)でタスクマネージャ(タスクマネージャー)を起動させる方法3つ
Windows7、Windows8、Windows8.1のシャットダウン(電源を切る)方法
Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存する
Windowsに標準についている簡易ワープロ・ワードパットでできること
Windowsパソコンが無線LAN内臓かを調べる方法
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」によるデータの上書き?
複雑な昔の漢字も入力できるIMEパットの使い方
モバイルホットスポットでPCをWi-Fiルーター化-Windows10
社内回覧の文書などに便利なPDFのスタンプ機能
フルスクリーンモード全画面表示の解除の仕方
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
ゴミ箱の容量を変える
PCで旧漢字を使いたい
F6、F7,F8、F9、F10のキーを使ってみよう
Windows10の電卓で何ができる

Menu

HOME

 TOP