スマホやデジカメで撮影した写真のExif情報にご注意

 スマートフォンやデジカメなどで撮った写真の個人情報をExif情報という。

 以前にもExif情報の削除をするソフトを紹介したのだが、Androidスマートフォンを購入したり、Windows7にパソコンのOSを変えたりと状況が変わってきたので再度Exif情報についてのお話を。

 

Exif情報に含まれるもの

・撮影日時

・撮影機器のメーカー名(製造・販売元) 撮影機器のモデル名(カメラ付き携帯電話・スマートフォンの機種名など)

・ 画像全体の解像度 、水平・垂直方向の単位あたり解像度、 撮影方向 、シャッタースピード 絞り(F値) 、ISO感度 、測光モード フラッシュの有無、 露光補正ステップ値 、焦点距離 、色空間

GPS情報 -- GPS付きカメラの場合、緯度・経度・標高など

・サムネイル

 

Exif情報はブラウザでも簡単に確認できる

・FirefoxのばあいFxIFというアドオンを導入すると、ブラウザ上で画像のExif情報を表示できる。

・ChromeならばEXIF Viewerという拡張機能でExif情報を確認できる。

 他にも、画像ビューアやパソコン用フリーソフト(例画像 × googleマップ)を使うとExif情報を簡単に確認できる。

 

 Exif情報のGPS情報が残っていると撮影場所が簡単に推測されてしまう。

 自宅などがばれたりする可能性大。

 Exif情報を削除するソフトやWindows7標準のExif情報削除機能を使って、Exif情報は削除してからブログなどにアップデートしよう。

 画像や写真は1枚ずつなら、Windows7標準の機能でExif情報は削除できる。

 複数のファイルのExif情報を削除するのはフリーソフトを利用するのが便利。

 チビすな!!というExif情報削除ソフトはWindowsXP・Vista対応と表示があるが、Windows7でも利用できる(Windows7で利用できないという情報もあるが、少なくとも32ビット版である管理人のWindows7は利用できた)。

 

Windows7の標準機能でExif情報(GPS情報・ジオタグ)を削除する方法はこちらの記事を見てね

FC2ブログに掲載した写真などのExif情報(GPS情報・ジオタグ)を確認する方法はこちら見てね

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Googleツールバーの自動翻訳をOFFにする方法

Googleツールバーの自動翻訳をOFFにする方法

noimage
noimage

指紋認証のわな

noimage

Enterキーで横のセルに移動させる

noimage
キートップの文字が消えない「レーザー印字」ロジクール K310 Washable Keyboard
noimage
noimage

エクセルのマクロを使ってみよう

noimage
noimage

お盆明けはウイルスにご注意

noimage
noimage

通話相手のSkypeアカウントを登録する方法

noimage

seesaaブログの記事タイトルをh2の見出しにする

noimage

meta keyword(メタ キーワード)をSEOに役立てよう

noimage

ApacheOpenOfficeCalcの選択リスト機能で簡単入力

Menu

HOME

 TOP