Windows7の標準電卓機能の使い方

 Windows7の標準でついている電卓機能が便利だ。

 単純な計算だけでなく、計算結果のコピーや貼り付けなどもできる。

 表示の切り替えで、関数電卓として使ったり単位を加えたりもできる。

 計算途中の式も「履歴」として残せる。

?

Windows7の電卓計算結果のコピーの仕方

1、電卓で計算する。

2、編集⇒コピー

?

Windows7の電卓を関数電卓として使う

1、表示⇒関数電卓とクリック。

 関数電卓のほかプログラマ・統計・住宅ローンの計算などの機能もある。

?

単位の変換設定

1、表示⇒単位の変換。

2、電卓の横に変換する単位の種類が表示される。

3、変換もとの単位と変換先の単位を選択。

 ただし、重量の単位では、日本の俵などの単位は変換出来ない。

 長さも、日本の里とかは変換出来ない。

 ちょっとつまらない・・・。

?

計算履歴を残す

1、「表示」-「履歴」と選択。

2、表示部分が上下に拡がり、その状態で計算していくと、計算式が履歴として残すことができる(ショートカットキーは
[ctrl]+「H」)。

 「編集」-「履歴」-「履歴のコピー」を選択。  これで複数行の計算式も丸ごとコピーして記録できます。

 ただし、いったん「電卓」を終了させてしまうと、前回の結果は消えてしまう。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

無料で使える、エンディングノート

noimage
noimage

日本郵政のはがきデザインキット

noimage
noimage

ApacheOpenOfficeCalc、Excelで8桁の数字を年月日にする

noimage
noimage

HiMakeDocはAndroidで使えるか?

noimage
noimage

Skypeアカウントで、無料で通話を楽しむ方法

noimage

検索ボックスの調子が悪い

noimage
noimage
noimage
noimage

アンドロイドのオフィスファイルの閲覧ソフト

noimage

GyaO! はただいま、3周年記念・映画も目白押し

Menu

HOME

 TOP