フリーソフトAprintで差出人・宛先の入力保存再開の方法

 年賀状の宛名書きをしよう。

 利用するのはフリーソフトAprint。

宛名書きソフトAprintのダウンロード・設定の仕方はこちら

差出人を打ち込もう

1、Aprintを起動。

2、差出人のラジオボタンをチェック。

3、『新規入力』にチェックを入れる。

4、それぞれのボックスに郵便番号・住所・氏名を記入していく。

5、記入が終わったら、メニュー年賀状 宛名書き フリーソフト Aprintメニューボタン ⇒『保存』。

 

*年賀状の差出人の欄の下には、差出人の郵便番号記入の欄がある。
 Aprintで年賀状の差出人の欄を入力すると、名前の下の部分が郵便番号の記入欄にかかってしまう。
 これはどうも仕様のようで、Aprintの設定をいじってもうまく郵便番号の欄を避けて印刷できない。
 この場合、差出人の名前の後ろにスペースを入れるとうまく収まる。

あて先を打ち込もう

1、Aprintを起動。

2、宛先のラジオボタンをチェック。

3、『新規入力』にチェックを入れる。

4、それぞれのボックスに郵便番号・住所・氏名を記入していく。

5、記入が終わったら、メニュー年賀状 宛名書き フリーソフト Aprintメニューボタン ⇒『新しいファイルに保存』⇒ファイル名をつけて保存する。

続けて宛先を入れるには

1、新規作成のチェックボックスをONにする。

2、記入が終わったら、『追加保存』。

*登録名のところは、宛先の名前が自動登録される。

Aprintをいったん終了した後、編集を再開するには?

1、スタート⇒Aprint。

2、Aprintのメニュー年賀状 宛名書き フリーソフト Aprintメニューボタン ⇒『開く』で目的のファイルを開く。

*複数の人のデーターを登録してある場合、ページ番号でページを出して編集してください。

*新規に宛先を打ち込む場合は『新規作成』をチェック。

*保存はCSVファイルで保存されるのでエクセルなどの表計算ソフトで編集することもできる。

*Aprintを再起動した際に差出人にしたデーターが宛先部分に入力されたように見えるプレビューが出てくる。
 これも仕様なのでデーターの削除はしないように。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

二刀流宛名印刷の宛名データをcsvで保存
操作が簡単「二刀流宛名印刷」で年賀状の宛名書き
地図記号用フォントMap Symbols Fontを使ってみよう
フリーの毛筆フォントをWindows7にインストール
二刀流宛名印刷「宛名を一覧表で確認する方法」「一覧のデータを修正する方法」「サンプルデータの削除方法」
住所録の選択した人分をまとめて印刷する方法-無料宛名書きソフト 「二刀流宛名印刷」
宛名書きソフト「二刀流宛名印刷」-「住所録の切り替え」「宛名の登録」「差出人の登録」
無料宛名書きソフトAprintダウンロード・基本的な使い方
無料手書き風フォントを使って見よう
無料ソフト「二刀流宛名印刷」で一人分ずつ宛名印刷する方法
毛筆フォントを使ってみよう
無料宛名書きソフト「二刀流宛名印刷」のフォントを変更する
手書き風フォント「みかちゃん」で年賀状やカードを作ろう
「二刀流宛名印刷」でスタンプを使ってみよう
「二刀流宛名印刷」の宛名データを保存する

Menu

HOME

 TOP