スポンサーリンク

セルの結合・Excel、LibreOfficeCalc、Apache OpenOfficeCalc

 OpenOffice.orgの開発が終了し、二つのプロジェクトに分かれた。

 ひとつは、LibreOffice。

 もうひとつは、Apache OpenOffice。

 LibreOfficeもApache OpenOfficeもMicrosoftOfficeと互換性のある無料のオフィスソフト。

 操作方法も似ているのだが、微妙に違うところも。

 今回は、MicrosoftOfficeの表計算ソフトExcelとLibreOfficeの表計算ソフトCalc(カルク)、Apache OpenOfficeの表計算ソフトCalc(カルク)の違いの中から、セルの結合の仕方を比べてみよう。

ちなみに、OpenOffice.orgのセルの結合はApache OpenOfficeの表計算ソフトCalc(カルク)と同じ。

MicrosoftExcelのセルの結合(2003以前)

1、結合するセルをドラッグして選択。

2、右クリック⇒『セルの書式設定』または、『書式』⇒『セル』をクリック。

3、『配置』タブをクリック。

4、『セルの結合』にチェックをいれ『OK』ボタンをクリック。

MicrosoftExcelのセルの結合(2007以降)

1、結合するセルをドラッグして選択。

2、[ホーム] タブの [配置] から、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを表示。

3、[配置] タブをクリックし、[文字の制御] の [セルを結合する] チェック ボックスをクリックしてチェックをいれる。

4、[OK] をクリック。

LibreOfficeの表計算ソフトCalc(カルク)のセルの結合

1、結合するセルをドラッグして選択。

2、右クリック⇒『セルの結合』。

Apache OpenOfficeの表計算ソフトCalc(カルク)のセルの結合

1、結合するセルをドラッグして選択。

2、『書式』⇒『セルの結合』。

Apache OpenOfficeのセルの結合

 上の図の赤い枠で囲った部分がセルの結合ボタン。

 エクセルの場合、『書式』からセルの結合をすることが多いので、ついApache OpenOfficeやOpenOffice.orgでも、同じ操作をやってしまう。

 Apache OpenOfficeやOpenOffice.orgCalcの場合、『書式』を探しても、セルの結合はできないので、お間違いなく。