ApacheOpenOfficeCalcの選択リスト機能で簡単入力

 ひとつのセルに入力する候補を事前に登録しておいて、選択するドロップダウンリストは、入力候補のデータをいちいち登録するのが面倒。

 

 もっと簡単に入力候補のデータを選択し、入力できるのがApacheOpenOfficeCalcの『選択リスト』という機能。

 

 

ApacheOpenOfficeCalcの選択リスト機能

・過去に縦列のセルに入力したデータを入力候補として選択、入力できる機能。

 『入力規則』を利用した場合と違って、過去に縦セルに入力したものが、入力候補として自動登録されているため、入力候補を別に登録する必要がない。

 

例)Aの列の各行にあ、い、うと入力し場合、A列の他のセルの入力データとして、あ、い、うが表示、入力できる。

*数字の1,2,3は選択リストとして登録されない(セルの書式が数字の場合)。
 セルの書式で、テキストとして入力した場合、1,2,3は選択リストとして登録できる。

 

 

ApacheOpenOfficeCalcで選択リストを使って簡単入力

1、入力データを選択できるようにしたいセルを最初に選択。

2、右クリック→『選択リスト』をクリック。

3、過去に縦列に入力したデータが入力候補として表示される。

4、入力したいデータをクリックすると、セルに選択したデータが入力される。

 

 この選択リスト機能、ExcelやLibreOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)でも同じ機能がある。

 LibreOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)の場合は、セルを右クリック⇒選択リストで、過去の同じ列に入力したデータを選択できる。

 Excelの場合は、セルを右クリック⇒リストから選択で同様なことができる。

 保存したファイルを開いたときでも選択リストは利用できる。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

お気に入りを一気に整理する方法

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

meta keyword(メタ キーワード)をSEOに役立てよう

noimage
noimage

「LINE電話(LINE Call)」Android末端で先行サービス開始

noimage

Windows Live メッセンジャーで無料通話

noimage
noimage

Windows7はパーティションの変更も簡単にできる

noimage

無料年賀状素材をWindows7にダウンロード

noimage

音を出すと、パソコンソフトが起動する

noimage

ウインドウズ8はどこに行く?

noimage

ウィンドウズ7ダウンロード版インストールしてみた

Menu

HOME

 TOP