HiMakeDocで収得したwebサイトのテキストをQuickofficeで開いてみた

 HiMakeDocで収得したwebサイトのテキストをQuickofficeで開いてみた。

 HiMakeDocは『パソコンでWeb自動巡回』『巡回したwebのテキスト文書をPalm末端へコンバートする機能』の二つをもったPalm用のアプリ。

  最近のHiMakeDocはPalmだけでなくPocketPC、iPodや携帯電話用ファイルへ自動転送する機能を持っているがAndroid末端に転送する機能がない。

 ということで、HiMakeDocでwebサイトを巡回してテキスト文書を収得後、パソコンにファイルを保存。

 その後USBでAndroidスマートフォンとパソコンを接続して、『コンピューター』のストレージとして認識されていたAndroidスマートフォンのSDカードにファイルをコピー。

 Android末端のQuickofficeで閲覧・編集できるか試してみたのだ。

 

HiMakeDocの保存ファイルに拡張子がない

 HiMakeDocでweb巡回後のファイルをPCに保存してみたら、なんと拡張子がついていないファイルが出来上がった。

 テキストファイルならWindowsのメモ帳でもQuickofficeでもファイルを開くことができるはずだが、拡張子がないのに開けるのだろうか?

 とちょっと不安になった。

 PCのメモ帳で開いてみたらちゃんと開いてみることができたので、テキストファイルなのは間違いないんだけど。

 

拡張子が無いファイルはQuickofficeで開けない!が!

 Quickofficeを起動して『SDカード』(内部ストレージにファイルをコピーした場合は『内部ストレージ』)の文字をタップしスクロールしてみると、ちゃんと、目当てのファイルは存在していた。

 が、ファイルをタップしてもエラーメッセージが出てファイルを開けない。

 こりゃだめか・・・。

 

拡張子のついていないファイルはQuickofficeで名前の変更して拡張子をつければファイルを開くことができる

 拡張子のついていないファイルはQuickofficeで開けない。

 でも、もしかしてファイル名を変更して拡張子をつけたら開けるかもと考え直す。

 で、Quickofficeでファイル名を変更し.txtの拡張子を付け加えてみた。

 そして再度、ファイルをタップ。

 無事にHiMakeDocで保存したwebサイトのテキストファイルを開くことができた。

 

 てなことで、次の話題はQuickofficeでファイル名を変更する方法。

 うーん、それともパソコンで収得したHTMLをAndroidでオフライン閲覧してみようかなあ。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage
noimage

ブラウザのパスワード管理機能にご用心

noimage

スマートフォンで年賀状・Yahoo! JAPAN年賀状専用アプリ

noimage

サイズの違うSIMカードを利用するには?

noimage

不要なAndroidアプリを削除する方法

noimage

descriptionを検索エンジン向けにカスタマイズ

noimage
noimage

Googleカレンダーのエクスポート方法

noimage

FC2ブログのファイル容量が10Gに大幅増量

noimage
noimage

プラグインの説明文にも変数やHTMLが入れられる

市販の年賀状作成ソフトで一番売れているのは?

市販の年賀状作成ソフトで一番売れているのは?

noimage

Gメールをストレージとして使うことのできるソフト

noimage

スマートフォンの通話料半額・楽天でんわ

Menu

HOME

 TOP