Outlookのアドレス帳をWindows Live メールへインポートする

 Windows7以降のWindowsパソコンにはOutlookExpressが付属していない。

 OutlookExpressの後続メーラーがWindows Live メール。

 今回はOutlookの連絡先・アドレスをWindows Live メールの連絡先へインポート(コピー)する方法について。

 

 OutlookとWindows Live メールのデータのやり取りは実は結構面倒だったりする。

 

Outlookのアドレス帳・連絡帳をエクスポート

1、Outlookを起動。

2、[ファイル]→[インポートとエクスポート] の順にクリック(Outlook2007以前)。
*Outlook2010以降は、[ファイル] → [開く] → [インポート] の順にクリック。

3、[ファイルにエクスポート] を選択して、[次へ] をクリック。

4、[テキストファイル(Windows、カンマ区切り)] を選択して、[次へ] をクリック。

5、フォルダ『連絡先』を選択して、[次へ] をクリック。

6、エクスポート先を確認して、[次へ] をクリック。

7、[以下の処理を実行します] の下の項目にチェックがついていることを確認し、[完了] をクリック。
*書き出す項目を確認したり、選択したい場合は、[フィールドの一致] をクリックして確認。

 

Outlookのエクスポートデータのエンコードを変更

 Outlook から書き出した連絡先データは、エンコードが [ANSI] 形式になっているため、そのままWindows Live メールへ移行すると文字化けする。

 エンコードを [UTF-8] に変更しよう。

 

1、 エクスポートしたcsv ファイルを右クリックして、[プログラムから開く] → [メモ帳] の順にクリック。
*テキストエディタなら、メモ帳でなくてもいい。

2、[ファイル] → [名前を付けて保存] の順にクリック。

3、[ファイルの種類] を [すべてのファイル] に変更。

4、[文字コード] を [UTF-8] に変更し、[保存] をクリック。

5、確認画面が表示されたら、[はい] をクリック。

 

Windows Live メール のアドレス帳にOutlookのエクスポートデータをインポート

1、Windows Live メール を起動する。

2、ナビゲーションウインドウ内にある [アドレス帳] をクリック。

3、[インポート] から [カンマ区切り(.csv)] をクリック。

4、保存先を選択した上、該当の csv ファイルをクリックして、[開く] をクリック。

5、[インポートするファイルの選択] 項目を確認し、[次へ] をクリック。

6、インポートファイルとインポート先のフィールドが一致していることを確認し、[完了] をクリック。

*Outlook の連絡先にサブフォルダが複数ある場合、フォルダごとに同じ作業を繰り返す。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

無線接続よりは、断然、有線接続

noimage

Windows7インストール後のライセンス認証であわてない

noimage

ApacheOpenOfficeCalcの選択リスト機能で簡単入力

noimage

HiMakeDocはAndroidで使えるか?

noimage

ApacheOpenOfficeCalcで文字の検索・置き換えを行う方法

noimage

Google VoiceとSkypeどちらがお得?

noimage

AndroidOS用の無料録音アプリ

noimage

カウンター張替え!

noimage

IOSとアンドロイドOSどちらが生き残る?

noimage
Yhooポイントで、寄付

Yhooポイントで、寄付

noimage

パソコンでAndroidアプリをインストール

noimage
noimage
noimage

Windows.oldフォルダの開き方

Menu

HOME

 TOP