Outlookのアドレス帳をWindows Live メールへインポートする

 Windows7以降のWindowsパソコンにはOutlookExpressが付属していない。

 OutlookExpressの後続メーラーがWindows Live メール。

 今回はOutlookの連絡先・アドレスをWindows Live メールの連絡先へインポート(コピー)する方法について。

 

 OutlookとWindows Live メールのデータのやり取りは実は結構面倒だったりする。

 

Outlookのアドレス帳・連絡帳をエクスポート

1、Outlookを起動。

2、[ファイル]→[インポートとエクスポート] の順にクリック(Outlook2007以前)。
*Outlook2010以降は、[ファイル] → [開く] → [インポート] の順にクリック。

3、[ファイルにエクスポート] を選択して、[次へ] をクリック。

4、[テキストファイル(Windows、カンマ区切り)] を選択して、[次へ] をクリック。

5、フォルダ『連絡先』を選択して、[次へ] をクリック。

6、エクスポート先を確認して、[次へ] をクリック。

7、[以下の処理を実行します] の下の項目にチェックがついていることを確認し、[完了] をクリック。
*書き出す項目を確認したり、選択したい場合は、[フィールドの一致] をクリックして確認。

 

Outlookのエクスポートデータのエンコードを変更

 Outlook から書き出した連絡先データは、エンコードが [ANSI] 形式になっているため、そのままWindows Live メールへ移行すると文字化けする。

 エンコードを [UTF-8] に変更しよう。

 

1、 エクスポートしたcsv ファイルを右クリックして、[プログラムから開く] → [メモ帳] の順にクリック。
*テキストエディタなら、メモ帳でなくてもいい。

2、[ファイル] → [名前を付けて保存] の順にクリック。

3、[ファイルの種類] を [すべてのファイル] に変更。

4、[文字コード] を [UTF-8] に変更し、[保存] をクリック。

5、確認画面が表示されたら、[はい] をクリック。

 

Windows Live メール のアドレス帳にOutlookのエクスポートデータをインポート

1、Windows Live メール を起動する。

2、ナビゲーションウインドウ内にある [アドレス帳] をクリック。

3、[インポート] から [カンマ区切り(.csv)] をクリック。

4、保存先を選択した上、該当の csv ファイルをクリックして、[開く] をクリック。

5、[インポートするファイルの選択] 項目を確認し、[次へ] をクリック。

6、インポートファイルとインポート先のフィールドが一致していることを確認し、[完了] をクリック。

*Outlook の連絡先にサブフォルダが複数ある場合、フォルダごとに同じ作業を繰り返す。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
noimage

シーサーブログの検索キーワードの調べ方

noimage

Lunascapeのダウンロードとインストール

noimage
noimage
noimage

スターバックス無料Wi-Fiスポットの利用方法

noimage

AndroidOS用の日本語入力アプリ『Shimeji』を削除する方法

noimage
noimage
noimage
noimage

カテゴリー別全記事リストの作り方

noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP