WindowsLiveメールのアドレス帳データをvCard形式(vcf)でインポート・エクスポート

 WindowsLiveメール(OutlookExpressの後続メールソフト)のアドレス帳データをvCard形式(vcf)でインポート・エクスポートしてみよう。

 WindowsLiveメール(OutlookExpressの後続メールソフト)のアドレス帳データをvcard形式(vcf)でエクスポート(出力)すると、アドレス帳の中のすべての人のアドレスデータが、ひとつずつのvCard形式(vcf)ファイルで保存される。

 100人アドレス帳に保存されていたら、100個のvCard形式(vcf)のファイルが出来上がる。

 WindowsLiveメール(OutlookExpressの後続メールソフト)のアドレス帳データをvCard形式(vcf)でインポート・エクスポートしてみよう。

WindowsLiveメールのアドレス帳データをvCard形式(vcf)でエクスポート

1、パソコン内にデータを格納するためのフォルダをまず作っておく。

1)パソコン内の任意の場所で右クリック。

2)『新規作成』⇒『フォルダ』。

3)新しいフォルダができるので名前を入力。

2、WindowsLiveメールを起動。

3、画面横にある『アドレス帳』をクリック。

4、画面の上にある『エクスポート』をクリック。

5、『名刺(.VCF)』を選択。

6、保存するフォルダを選んで、『OK』ボタンをクリック。

vCard形式(vcf)のファイルをWindowsLiveメールにインポート

1、WindowsLiveメールを起動。

2、画面横にある『アドレス帳』をクリック。

3、画面の上にある『インポート』をクリック。

4、『名刺(.VCF)』を選択し、インポートしたいvCard形式(vcf)のファイルを選んで『開く』をクリック。

*1回の作業で、複数人のvCard形式(vcf)のファイルをインポートする場合は『Ctrl』を押しながらインポートしたいファイルを指定し、『開く』をクリック。

*フォルダ内の全員分のファイルをインポートする場合は、フォルダ内の先頭のファイルをクリックしたあと『Shift』を押しながら、最後のファイルをクリックし『開く』をクリック。

 同じvCard形式(vcf)のファイルでも、1人1ファイルになっているvCard形式(vcf)のファイルしかインポートできないのでご注意。

 Androidの連絡帳・電話帳みたいなvCard形式(vcf)のファイルが1人1ファイルになってない場合、分割ってできないのかなあ???

 できれば、このままAndroidのvCard形式(vcf)のファイルがWindowsLiveメールにインポートできるのになあ。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Outlook2013で届いたメールに返信する
OutLookでメールが届いたかどうかがわかるようにする
WindowsXPにWindows Live メールをインストール
Yahooメールをメールソフトに転送
Outlook ExpressからWindows Live メールへ移行
メール送信ができなかったときのメッセージ
WindowsLiveメールのアドレス帳から出力したvCard形式(vcf)をAndroidにオフラインで取り込む(SDカードを利用する)
Yahoo!メールでセーフティーアドレス(サブメールアドレス)を作ろう
メールの終わりには署名を付けよう
Yahoo!メールをOutlook Expressで見てみよう
Outlookの連絡先をほかのパソコンで使う
Gmailを他のwebメールやメールソフトにバックアップする方法
OutlookExpressからWindows Live メールへ連絡先やアドレス帳の移行
noimage
Gmailでサブアドレスを作ろう

Gmailでサブアドレスを作ろう

Menu

HOME

 TOP