Googleアドセンスをシーサーブログのタグページに表示させないようにする・2カラムテンプレートサイドカラム編

 シーサーブログのタグ検索でアドセンスを表示させない方法2。

 今回の方法のほうが、安定してシーサーブログのタグページにGoogleアドセンスの広告を表示させないことができる。

 長年悩んでいた、シーサーブログの「タグ」の検索エリアでGoogleアドセンスの広告が表示され、配信停止を食らってしまう問題。

 シーザーブログのタグ検索は、タグに該当する記事が表示されずタイトルのみ(リンク付き)とタグリストが表示される。

 これが、Googleアドセンスのプライバシーポリシーに触れてしまう。

 内容のないコンテンツとみなされてしまうわけ!

 そして、配信停止。

 前回はシーサーブログのコンテンツ・自由形式に設置したGoogleアドセンスの広告をタグページに表示させない方法というのを書いたけど、動作が不安定。

 今回紹介する方法はGoogleアドセンスのコードをHTML内に貼り付けて、それをシーサーブログの変数でタグページに表示させないようにする方法。

 2カラムの場合のサイドカラムでしか試していないので、3カラムの場合は違うかも。

Googleアドセンスをシーサーブログのタグページに表示させないようにする・サイドカラム編

1、「デザイン」⇒「HTML」をクリック。

2、今まで、HTMLのカスタマイズをしたことがない人は「追加」をクリック。

 今までHTMLのカスタマイズをしている人は、適応しているテンプレートをクリック。

3、<% content_right %>を探す。

3、<% content_right %>の上か下に<% unless:page_name eq 'tag' -%> ここにGoogleアドセンスのコード <% /unless -%>を貼り付ける。

4、(名前をつけて)保存をクリック。

5、初めてHTMLのカスタマイズをした人は、新しい名前のテンプレートができているので、そのテンプレートを適応させる。

問題もある

 ただし、問題点もある。

 サイドカラムの全コンテンツの上か下にしか表示できない。

 他の場所に貼り付けたアドセンスコードをタグページで表示させないようにする場合もやはり<% unless:page_name eq 'tag' -%> ~ <% /unless -%>の変数を使って非表示にする。

 unlessは表示させない。

 page_name eq 'tag'はタグページを意味する。

 page_name eq 'category'なら、カテゴリーページ。

 page_name eq 'archive'は過去ログのページ。

 page_name eq 'index'なら、Indexページ。

 page_name eq 'search'は検索結果の表示ページ。

 page_name eq 'article'は本文を表示するページ。

 ヘッダーの上下、フッターの上下にも同じように表示非表示を振り分けられるはず。

 

 この方法だと、安定して指定したページにアドセンスの広告を表示させないですむ。

 が、細かくアドセンスの貼り付け位置が指定ができないのが難点。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

GoogleAdsenseのはじめ方・まずは登録用のサイトを作ることから始めよう
FC2ブログのバックアップファイルをシーサーブログに流し込む方法
独自ドメイン収得・ムームードメイン
wordpressの管理画面に入れなくなった場合の一番確実な解決法
WordPressテーマTwenty Fourteen(バージョン 3.9.1)で記事下に広告を表示
Googleにサイトユーザーの対象国を知らせる方法
パソコンでスマートフォンサイトの表示を確認する・Firefox
FC2ブログカスタマイズ「拍手ボタンの設置・拍手を自由な位置に配置する」
WordPressの無料テーマ3種をご紹介
メタデーターdescriptionsでサイトの訪問者を増やそう
スクロールバーをスタイルシートで表示する
FC2ブログの有料プラント有料レンタルサーバー比較
プラグインでWordPressのSEO
GoogleAdSenseの「関連コンテンツ ユニットβ版」
コメントを入れる<!--/-->・<!--//-->・<!---->の使い方を覚えよう

Menu

HOME

 TOP