WordPressをレンタルサーバーにインストール

 Wordpressをレンタルサーバーでインストールします。

 ミニバードの場合、Wordpressの自動インストールがあるので、それを利用。

WordPressをレンタルサーバーにインストール

1、レンタルサーバーミニバードへログイン。

2、「サーバー管理ツール」をクリック。

3、「簡単インストール」をクリック。

4、Wordpressをインストールするドメイン名の隣の「選択」をクリック。

5、「追加インストール」をクリック。

6、Wordpressの「インストール設定」をクリック。

7、「自動でデータベースを生成する」を選択。

*先にデータベースを作成していた場合は「作成済みのデータベースを利用する」を選択。

8、「インストール先」でWordpressのインストール先を選ぶ。

1)「インストール先」には2つ入力欄があるが、一番初めの入力欄の▼をクリック。

2)Wordpressをインストールしたいドメイン・サブドメインを選ぶ。

3)「インストール先」の2つ目の入力欄は入力しなくてOK。
 入力する場合、任意の文字(半角英数、-(ハイフン)、_(アンダーバー)を入力。

4)「ブログ名」を入力。

*ブログ名は後で変更できる。

5)「ユーザ名」を入力。

*「ユーザ名」は後で変更できないのでご注意!

6)「パスワード」を入力。

7)「メールアドレス」を入力。

8)「確認画面」をクリック。

9、「確定」をクリック。

10、「インストールが完了しました。下記情報でログインできます。」の表示が出る。

ブログを確認しよう

1、レンタルサーバーミニバードへログイン。

2、「サーバー管理ツール」をクリック。

3、「簡単インストール」をクリック。

4、インストール済み一覧の「インストール先」のURLをコピー。

5、ブラウザのアドレスバーに「インストール先」のURLを貼り付けて移動。

WordPressの管理画面にログインする方法

1、インストール済み一覧の「インストール先」のURLをコピー。

2、ブラウザのアドレスバーに「インストール先」のURLを貼り付けて移動。

3、表示されたサイトの「ログイン」ボタンをクリック。

4、ユーザーIDとpasswordを入力。

5、ログインボタンをクリック。

 特に、Wordpressをレンタルサーバーにインストールするときの

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WordPress(オープンソースのテンプレート)が使えるレンタルサーバー
メタデーターdescriptionsでサイトの訪問者を増やそう
WordPress月別アーカイブを横表示にしてフッターに配置してみた
WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方
noimage
FTPクライアントソフト「WinSCP」インストールとサーバー接続設定
GoogleAdSenseのページ単位の広告
色コードの収得に便利な無料ソフト・ウェブカラークリエイター
無料ブログサービスならSeesaaブログ もお勧め
FTPソフトWinSCPでサーバーのWordPressファイルを保存してたので窮地を逃れられました
FC2ブログテンプレートの文字の大きさを変えてみよう
ページタイトルの問題点と改善点を把握して訪問者を増やそう
FC2ブログの管理画面が新しくなったけど、使いにくくなった
1つのMySQL(データベース)で複数のブログを作る・WordPressの手動インストール
FC2にログインできないときの対処

Menu

HOME

 TOP