リビジョンを削除するプラグイン

 Wordpressには便利な下書き機能リビジョンというものがある。

 自動的に下書きをしてくれる便利な機能だが、やたらとリビジョンのデータがたまっていくと、データベースの容量を圧迫する。

 たまったリビジョンを削除するプラグイン「Better Delete Revision」を使ってリビジョンを削除しよう。

「Better Delete Revision」たまったリビジョン(下書き)を削除するプラグイン

「Better Delete Revision」の対応Wordpressバージョン

最終更新: 1日前
WordPress の必須バージョン: 2.7以上
対応する最新バージョン: 3.9.1
ダウンロード回数: 74,805回

「Better Delete Revision」をWordpressにインストール

1、Wordpressの管理画面の下のほうにある「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

2、検索ボックスに「Better Delete Revision」を記入し、「プラグインの検索」をクリック。

3、「説明」をクリック。

4、特に日本語で何か注意点が書いていなければ「今すぐインストール」をクリック。
 もし、使っているWordpressのバージョンでプラグインが利用できない場合や利用が確認できていない場合は、日本語で注意が出る。
 その場合は別のプラグインを探さないといけない。

5、「プラグインを有効化」をクリック。

「Better Delete Revision」の使い方

1、「設定」⇒「Better Delete Revision」をクリック。

2、『Check Revision Posts』をクリック。

 これで、たまったりビジョン(下書き)がきれいさっぱり削除される。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

class=、id=の使い方と注意点
ブログのタイトルのSEO対策検索結果の順位を上げよう
WordPress4.0にバージョンアップしたらプラグインのインストールがわかりにくくなった
GoogleAdSenseの「関連コンテンツ ユニットβ版」
スタイルシートにコメントを入れるには?
WordPressのサイトマップをGooglewebマスターツールに登録しよう
レンタルサーバーミニバードの契約切れの対処
テキストモードにクイックタグを追加-WordPress投稿の編集のカスタマイズ
FC2ブログにアップロードした写真のGPS情報を確認する方法
WordPressの投稿の編集のテキストモード「code」は何?
wordpressの管理画面に入れなくなった場合の一番確実な解決法
WordPressをレンタルサーバーにインストール
WordPressで画像が表示されなくなったら
WYSIWYG編集ができる無料HP作成ソフト「BlueGriffon」が使いやすい
wordpressテーマSTINGER3のスマートフォン表示の【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を非表示にする

Menu

HOME

 TOP