WordPressのサイトマップをGooglewebマスターツールに登録しよう

 Googlewebwebマスターツールに登録しよう。

 Googleに早くサイトの存在を知ってもらうために、Googlewebマスターツールに登録しよう。

Googlewebwebマスターツール登録方法

1、GoogleアカウントでGooglewebマスターツールにログイン。

2、「サイトの追加」をクリック。

3、URLを記入して「続行」ボタンをクリック。

4、「その他の方法」タブをクリック。

5、「HTML タグ メタ タグをサイトのホームページに追加します。」を選択し下のボックスにある、 <meta name="google-site-verification" content="××>をコピー。
*webマスターツールの画面は開いたままにすること。

6、Wordpressの管理画面にログイン。

7、「外観」⇒「テーマの編集」⇒「ヘッダーphp」をクリック。

8、 </head>の前に<meta name="google-site-verification" content="××>を貼り付け、「ファイルを更新」をクリック。

9、Googlewebマスターツールに戻って、「確認」をクリック。

10、「続行」をクリック。

11、「サイトマップ サイトアップがありません。」をクリック。

12、「サイトマップの追加/テスト」をクリック。

13、「Google XML Sitemaps」をWordpressに導入する。

1)Wordpressの管理画面の下のほうにある「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

2)検索ボックスに「Google XML Sitemaps」を記入し、「プラグインの検索」をクリック。

4)「説明」をクリック。

5)特に日本語で何か注意点が書いていなければ「今すぐインストール」をクリック。
 もし、使っているWordpressのバージョンでプラグインが利用できない場合や利用が確認できていない場合は、日本語で注意が出る。
 その場合は別のプラグインを探さないといけない。

14、「プラグインを有効化」をクリック。

15「設定」⇒「XML Sitemaps」をクリック。

16、「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL: http://○●/sitemap.xml
検索エンジンは通知されていません。」の http://○●/sitemap.xmlの【sitemap.xml】の部分ををwebマスターツールの「サイトマップの送信/テスト」のボックスに記入。

17、サイトマップのテストをクリック。

18、「サイトマップの確認」をクリック。

19、「エラーの詳細: エラーは見つかりませんでした。」と出たら、サイトマップに問題が無い証拠。
 もし、エラーがあったら、再度Wordpressに設定したプラグインを確認。

20、「サイトマップのテストを閉じる」をクリック。

21、Googlewebマスターツールの「サイトマップの追加/テスト」をもう一回押す。

22、ボックスに「sitemap.xml」を記入し「サイトマップの送信」をもう一回押す。

23、「ページを更新する」をクリック。

 サイトマップが表示されたら、OK。

 「Google XML Sitemaps」はものすごく詳細な設定が出来る。

 サイトマップ送信後に、設定をしなおしてみよう。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

FC2ブログのデーターバックアップの方法
wordpress記事一覧・更新日順、1ページの表示件数制御、ページャー対応コード
ドメインもネット上の住所って言うけど
class=、id=の使い方と注意点
Googleの検索ボックスの便利な使い方1
レンタルサーバーに仮登録してみた
WordPressテーマPrincipleの表示速度改善に効果があったプラグイン
GoogleAdSenseのページ単位の広告
g+1ボタンを非同期に読み込んでwordpressの表示を高速化する
noimage
色コードの収得に便利な無料ソフト・ウェブカラークリエイター
Googleアドセンスの検索ボックスを編集したらコードが収得できなくなった場合の対処法
FC2ブログのバックアップ機能使ってみた
リビジョンを削除するプラグイン
wordpressテーマSTINGER3のサイドバー【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を削除

Menu

HOME

 TOP