g+1ボタンを非同期に読み込んでwordpressの表示を高速化する

 wordpressの欠点といえばサイトの表示速度が遅いこと。

 g+1ボタンを設置している場合は非同期で読み込むようにしてみよう。

 ちょっとだけだけどサイトの表示速度が速くなる。

STINGER3の設置されているg+1ボタンのコード

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>
        <g:plusone size="tall" href="<?php the_permalink(); ?>"></g:plusone>

STINGER3のg+1ボタンのコードの解説

g+1ボタンを読み込むスクリプト

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>

g+1ボタンを表示するコード

STINGER3のg+1ボタンを表示するコード

<g:plusone size="tall" href="<?php the_permalink(); ?>"></g:plusone>

 「tall」は縦長のボタン。

 <?php the_permalink(); ?>">は対象となるURL。

 ボタンのみのシンプルなg+1ボタンを表示するコードは↓

<g:plusone></g:plusone>

 ほかにもg+1はいろいろな形で表示できる。

 下がg+1のコードを作るページ。

http://www.google.com/intl/ja/webmasters/+1/button/index.html

非同期のg+1ボタンのコード

<g:plusone size="tall" href="<?php the_permalink(); ?>"></g:plusone>
<script type="text/javascript">
  (function() {
    var po = document.createElement('script'); po.type = 'text/javascript'; po.async = true;
    po.src = 'https://apis.google.com/js/plusone.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s);
  })();
</script>

非同期のg+1ボタンのコードの説明

 赤い文字のところがg+1ボタンを非同期で読み込むコード。

 g+1ボタンの表示コードの後に非同期で読み込むコードをつけている。

 シンプルなg+1ボタンのコードを非同期にする場合は下のようになる。

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>
        <g:plusone></g:plusone>

非同期ボタンのコードは↓

<g:plusone></g:plusone>
<script type="text/javascript">
  (function() {
    var po = document.createElement('script'); po.type = 'text/javascript'; po.async = true;
    po.src = 'https://apis.google.com/js/plusone.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s);
  })();
</script>

非同期のg+1ボタンを設置するには

1、ヘッダーやフッターにg+1ボタンを読み込むスクリプトが配置されている場合は、いったん、以下のg+1ボタンを読み込むスクリプトを削除。

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>

2、非同期のg+1ボタンのコードをg+1ボタンを表示させたい部分に書き込む。

g+1ボタンを1ページに複数設置している場合

1、ヘッダーやフッターに設置している以下のスクリプトを削除。

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>

2、g+1ボタンを表示し居場所に<g:plusone></g:plusone>を書きこみ、最後の<g:plusone></g:plusone>の下に上の赤い文字のコードを付け加える。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

wordpressの管理画面に入れなくなった場合の一番確実な解決法
WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方
Googleアドセンスってなに?
「WordPress アドレス (URL)」や「サイトアドレス (URL)」を書き換えたらwordpressの管理画面に入れなくなった
GoogleAdsenseのはじめ方・まずは登録用のサイトを作ることから始めよう
FC2ブログの記事をワードプレスにインポート
一番初めにWordPressの自動整形機能を止めるプラグインを入れよう
ブログのタイトルのSEO対策検索結果の順位を上げよう
FC2ブログの好きな位置に広告やランキングを表示させる
プラグインでWordPressのSEO
ドメインもネット上の住所って言うけど
Bloggerのテンプレートの文字の色やフォントを変えてみよう
FC2ブログカスタマイズ「拍手ボタンの設置・拍手を自由な位置に配置する」
webセーフカラー216・短縮コード一覧
Google のアカウントをもらおう

Menu

HOME

 TOP