g+1ボタンを非同期に読み込んでwordpressの表示を高速化する

 wordpressの欠点といえばサイトの表示速度が遅いこと。

 g+1ボタンを設置している場合は非同期で読み込むようにしてみよう。

 ちょっとだけだけどサイトの表示速度が速くなる。

STINGER3の設置されているg+1ボタンのコード

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>
        <g:plusone size="tall" href="<?php the_permalink(); ?>"></g:plusone>

STINGER3のg+1ボタンのコードの解説

g+1ボタンを読み込むスクリプト

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>

g+1ボタンを表示するコード

STINGER3のg+1ボタンを表示するコード

<g:plusone size="tall" href="<?php the_permalink(); ?>"></g:plusone>

 「tall」は縦長のボタン。

 <?php the_permalink(); ?>">は対象となるURL。

 ボタンのみのシンプルなg+1ボタンを表示するコードは↓

<g:plusone></g:plusone>

 ほかにもg+1はいろいろな形で表示できる。

 下がg+1のコードを作るページ。

http://www.google.com/intl/ja/webmasters/+1/button/index.html

非同期のg+1ボタンのコード

<g:plusone size="tall" href="<?php the_permalink(); ?>"></g:plusone>
<script type="text/javascript">
  (function() {
    var po = document.createElement('script'); po.type = 'text/javascript'; po.async = true;
    po.src = 'https://apis.google.com/js/plusone.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s);
  })();
</script>

非同期のg+1ボタンのコードの説明

 赤い文字のところがg+1ボタンを非同期で読み込むコード。

 g+1ボタンの表示コードの後に非同期で読み込むコードをつけている。

 シンプルなg+1ボタンのコードを非同期にする場合は下のようになる。

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>
        <g:plusone></g:plusone>

非同期ボタンのコードは↓

<g:plusone></g:plusone>
<script type="text/javascript">
  (function() {
    var po = document.createElement('script'); po.type = 'text/javascript'; po.async = true;
    po.src = 'https://apis.google.com/js/plusone.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(po, s);
  })();
</script>

非同期のg+1ボタンを設置するには

1、ヘッダーやフッターにg+1ボタンを読み込むスクリプトが配置されている場合は、いったん、以下のg+1ボタンを読み込むスクリプトを削除。

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>

2、非同期のg+1ボタンのコードをg+1ボタンを表示させたい部分に書き込む。

g+1ボタンを1ページに複数設置している場合

1、ヘッダーやフッターに設置している以下のスクリプトを削除。

<script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script>

2、g+1ボタンを表示し居場所に<g:plusone></g:plusone>を書きこみ、最後の<g:plusone></g:plusone>の下に上の赤い文字のコードを付け加える。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
FC2にログインできないときの対処
Googleアカウントを習得したら、アドセンスにサイトを登録してみよう
スタイルシートで角の丸いリンクボタンを作って見よう
RSSリーダーどれが使いやすい?
FC2ブログから引越し準備・データのダウンロード
wordpressでスマートフォンだけに表示・非表示を行う
パソコンでスマートフォンサイトの表示を確認する・Firefox
WordPress4.0、「ウインドウの高さに合わせてエディターを広げる」機能のON・OFF
ドメインもネット上の住所って言うけど
WordPressコメントフォームのメールアドレス記入を必須項目からはずしてプラグインで注意事項を書き加えてみた
色コードの収得に便利な無料ソフト・ウェブカラークリエイター
テキストモードにクイックタグを追加-WordPress投稿の編集のカスタマイズ
外部サイトでも使うことのできる画像形式
GoogleAdSenseの「関連コンテンツ ユニットβ版」

Menu

HOME

 TOP