キーの役割を変えることができるフリーソフト

 パソコンのキーボードが壊れたときにキーの役割を変えることのできるフリーソフトはいかが?

 この間パソコンのキーボードが壊れたときの応急処置としてWindows付属のスクリーンキーボードというものを紹介した。

 でも、スクリーンキーボードはマウスでいちいち画面上のキーをクリックしないといけないので、文章を書くときなどは不向き。

 パソコンのキー役割を変えることのできるフリーソフトで使っていないキーを壊れたキーボードのキーに振り替えよう。

パソコンのキーの役割を変えるフリーソフト

Key Swap

 キーの入れ替え・無効を行う、常駐しないWindows7・Vista・XP・2000専用プログラム。

 設定した内容を、最大20名前を付けて保存することができる。

 インターネット起動キー、メール起動キーの割り当て・英語キーボードにも対応。

 動作OS: Windows 7/Vista/XP/2000/NT。

 Key Swapのダウンロードは製作者HPまたはベクターからどうぞ。

Key Swap製作者HP 

・ベクターKey Swapダウンロードページ 

DvorakJ

 やはり、キーボードの配列を変更できるフリーソフト。

 USB メモリ内からこのソフトウェアを実行できる。

 テンキーやファンクションキーについても変更できる。

 キーボードの役割を変更するほかに、「[Space] +[文字] で[Shift] +
[文字]と同じ入力をする。

 ホイールが無いマウスでもホイール機能を利用できる。

 動作OS: Windows 8/7/Vista/XP。

 ダウンロードは製作者HPまたはベクターからどうぞ。

DvorakJ製作者HPNO1 

・ベクター DvorakJダウンロードページ 

Key SwapとDvorakJどちらが使いやすい?

 Key SwapとDvorakJどちらが使いやすいかというとどちらも大して変わりが無い。

 製作者も日本人なのでHPを見れば使い方はすぐわかる。

 ただし、DvorakJのほうがいろいろな機能が付いている分間違えたことをするとユーザー辞書がなくなってしまったりするミスが発生するかも。

キーの役割を変えるフリーソフトはこんなときにも使うことができる

 キーの役割を変えるフリーソフトはキーボードが壊れたときにキーの役割を振り変えるのに便利。

 がそれ以外にも「CapsLock」キーをほかのキーに切り替えたりもできる。

 ついうっかり押してしまって「入力ができなくなった」なんてことが無くなって割りと快適。

 shift+の機能などもほかの一つのキーに振り変えることもできる。

キーの役割を変えるフリーソフトのデメリット

・変えたキー配列に慣れてしまって会社のキーボードを打ち間違えるようになる。

 ということであまり長く壊れたキーボードを使っているのは考え物。

 外付けキーボードを買うか何かするまでの間に合わせと考えよう。

 ちなみに、外付けのキーボードをそのまま接続すると、ソフトで切り替えたキーの役割はそのまま残る。

 壊れたキーの役割は、ソフト導入前のままなので、おいらはそのまま使ってるけど。

 状況によっては、ソフトの設定を解除した方がいいかも。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

セキュリティソフトは削除が難しい
WindowsOSのメインストリームサポート期限と延長サポート期限どちらが重要?
NumLkが原因かも「文字が打ち込めない、数字になる、日本語にならない」
PDFのオリジナルスタンプをOpenOfficeWriterで作る
noimage
USBメモリーが『書き込み禁止になっています』の対処方法・transcend製品の場合
noimage
csv形式を覚えておくと、データーの共有に役立つ
ゴミ箱からファイルを復元する
Androidスマートフォンのデータ完全削除・Xperia
noimage
右Shiftキーを長押ししたら入力できなくなった場合の対処法
noimage
システムの復元と復元で解決されない問題
Windows10のプログラムの削除の方法

Menu

HOME

 TOP