FC2ブログの記事をテキストエディタでWordPress用に書き換えよう

 FC2ブログからWordPressへ引越し作業進行中。

 今回はFC2ブログの記事のバックアップデータをWordPress用に加工する。

テキストエディタを用意しよう

 文字コードや改行コードを指定して編集保存できるテキストエディタを利用しよう

 FC2ブログの記事をWordPressにインポートするためにはいろいろと編集作業が必要だ。

 WordPressの文字コードは基本的にはUTF-8(BOMなし)なので、バックアップファイルの編集にはUTF-8(BOMなし)で保存できるテキストエディタを用意する。

 Windowsのメモ帳ではUTF-8(BOMなし)では保存することができないのでフリーソフトのTerapad・サクラエディタ・MKEditorなどをダウンロードしてりようする。

FC2ブログのバックアップファイルの修正項目

 テキストエディタで、バックアップしたFC2ブログのファイルを修正しよう。

 WordPressにインポートした後でひとつずつ記事を書き換えるのも大変なので、できるだけの修正はここでしておいたほうがいい。

必ず書き換えておいたほうがいい項目

AUTHOR:投稿者名

 投稿者名を変更したい場合はこの部分をテキストエディタで検索して置き換えなどで変更する。

見出しタグ

 FC2ブログの中で見出しタグを使っていた場合インポート前に書き換えておく。

 FC2ブログの場合は記事のタイトルが<h2></h2>で囲われていることが多い。

 記事内の見出しは<h3>以下になってると思う。

 WordPressの場合は、タイトルが<h1>タグになっているので、<h3>は<h2>、<h/3>は<h/2>にというように一括して変更しておくと後で修正する手間が省ける。

FC2ブログの記事内に設定したリンクの一部処理

 記事をWordPressにインポートする前に内部リンクをテキストエディタで削除する。

 あまり重要でない内部リンクは、WordPressへ記事データをインポートする前に削除してしまったほうが面倒がないとおもう。

 記事の構成上重要なリンクはインポート後に書き換える。

 とはいえ、これもなかなか大変だが。

状況によっては書き換えたほうがいい項目

STATUS: PublishまたはSTATUS: draft

 「Publish」は公開。

 「draft」は下書き。

記事が多ければ「Publish」のままでも

 「draft」に置き換えておくという手もあるが、記事数が多いと後で公開設定をするのが大変だ。

 「Publish」のままにしておいて、WordPressの表示設定で検索エンジンに拾われないようにしておくという方法もある。

PRIMARY CATEGORY: ○○とCATEGORY: ○○

 PRIMARYがメインカテゴリーで、CATEGORYがサブカテゴリー。

 カテゴリーはこのままだと親カテゴリーも子カテゴリーもFC2ブログのものが取り込まれて、WordPressにインポートされる。

 WordPressのカテゴリーは、インポート後に削除してしまっても「未分類」に分類されるだけで、記事が消えたりすることがない。

 インポート後にWordPress側で一括削除したほうがらくだ。

MKEditorで不要なリンクを削除する方法

 不要なリンクを削除する場合はMKEditorの検索機能を利用する。

 たとえばこんなリンクがあったとする。

例) <a href="http://ブログID.fc2.com/blog-entry-数字.html">FC2ブログは無料ブログ紹介はこちら</a>
 <a href="http://ブログID.fc2.com/blog-entry-数字.html">そのほかの無料ブログ紹介はこちら</a>
 <a href="http://ブログID.fc2.com/blog-entry-数字.html">WordPressへの引越しはこちら</a>

 「http://ブログID.fc2.com/」までの部分は共通している。

 この共通部分をテキストエディタで検索して、不要な部分を削除する。

1、【検索】⇒【検索】をクリック。

2、【検索文字列】のボックスの中に『http://ブログID.fc2.com/』を入力。

3、【OK】ボタンを押す。

4、検索した文字列が色つきで出てくるので、その周囲の不要部分をドラッグして『Delete』キーで消す。

MKEditorで一括置き換えする方法

例)<h3>を<h2>に置き換える場合。

1、【検索】⇒【置き換え】をクリック。

2、検索文字列に『<h3>』,置き換え文字列に『<h2>』を入力。

3、『大文字と小文字を区別する』、『正規表現』『検索文字列の強調』『置き換え動作の確認』にチェックを入れる。

4、『全て置き換え』ボタンを押す。

5、検索された文字が色分けで出てくるので確認して『全て置き換え』をクリック。

編集が終わったらUTF-8(BOMなし)LFで保存

 FC2ブログのバックアップファイルの編集が終わったらUTF-8(BOMなし)で保存する。

 MKEditorの場合なら、【ファイル】⇒【名前をつけて保存】⇒「文字コード」を『UTF-8N』で、改行を『LF』にして保存する。

 これで、記事の修正は終わりだ。

FC2ブログからワードプレスへのブログ移転について作業工程

 FC2ブログで掲載していた記事や画像をバックアップする方法

 今はここ⇒バックアップした記事の編集方法。

 FC2ブログの画像データをワードプレスにインポートする方法。

 検索エンジンへの重複ページペナルティ回避方法

 ブログ移転前に入れておいたほうがいいプラグイン

 ダブルクォーテーションが半角から全角に自動変換されるのを防ぐ方法

 FC2ブログ旧サイトの訪問者を新しいワードプレスブログに誘導する方法

 あとはRSSをどうするかだなあ。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

wordpressテーマSTINGER3のサイドバー【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を削除
WordPressで使っていない画像を探して削除
FC2ブログのdescriptionカスタマイズ・記事内容の要約を検索結果に表示して検索ユーザーに記事内容をアピールする
スタイルシートにコメントを入れるには?
wordpressの管理画面に入れなくなった場合の一番確実な解決法
WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方
Googleアカウントを習得したら、アドセンスにサイトを登録してみよう
レンタルサーバーミニバードの契約切れの対処
シーサーブログの記事の直下に広告やブログランキングなどを貼り付ける・コンテンツHTMLを編集する
メタデーターdescriptionsでサイトの訪問者を増やそう
FC2ブログの好きな位置に広告やランキングを表示させる
WordPressで悪戦苦闘中
noimage
WordPressのTOPとアーカイブページで記事と記事の間に広告を入れる方法
現在メンテナンス中のため、 しばらくの間ご利用いただけません

Menu

HOME

 TOP