2007以降のワードファイルならワードパットで見ることができる

 パソコンを買ったばかりでMicrosoftのワードがない!

 インターネットにもつながってないので、無料オフィスソフトもダウンロードできない!

 でも、ワード文書を見たいの!

 そんなときにはワードパットを利用しよう。

ワード文書の閲覧だけならワードパットでOK

 ワード文章を見るだけならワードパットでも見ることができる。

 ワードパットは罫線やスタイルの編集はできないが、見るだけならちゃんと罫線やスタイルもそのまま見ることができるよ。

古いワードファイルだとワードパットで見ることができない

 難点がひとつ。

 ワードパットでMicrosoftワードの文章を閲覧できるのはワード2007以降で作成されたワードの文書ファイル。

 ワード2007以降のワードファイルを保存した場合、標準で.docx形式で保存される。

 ワードパットで開くことができるのは、この「.docx形式」で保存されたファイル。

 古いワードの標準ファイル形式は.docなのだが、この.docの拡張子が付いたファイルはワードパットで開くと文字化けする。

ワードの文書例

ワードの文書例

ワード文書が古いとワードパットで開いたときに文字化けする

ワード文書が古いとワードパットで開いたときに文字化けする

 拡張子だけ変えても閲覧できないのでご注意。

無料オフィスソフトのファイルはワードパットで問題なく開く

 ちなみに、無料のオフィスソフト(OpenOffice)のWriter(ワードのようなワープロソフト)の保存形式は「.odt」。

 こちらのほうはワードパットで開くことができる。

 罫線や文字色も再生される。

 一応、「一部が表示されない可能性があります」と表示はされるけど。

OpenOfficeWriterのファイル

OpenOfficeWriterのファイル

OpenOfficeWriterのファイルをワードパットで閲覧

OpenOfficeWriterのファイルをワードパットで閲覧

 しかし、本来Windows標準で付いてるワードパットで、同じMicrosoftのソフトであるワードのファイルが開けないのに無料オフィスで開けるってのもなんか変なはなしだ。

インターネットが使える環境なら無料オフィスソフトをダウンロードしたほうがいい

 インターネットが使える環境なら無料オフィスソフト「Apache OpenOffice」や「 LibreOffice」をダウンロードしたほうが確実にワード文書の閲覧編集ができる。

 ちなみにウェブ上で利用できるMicrosoftの無料オフィスサービス「Office Online」を利用すれば、パソコンにワードが入ってなくてもワードの閲覧や編集ができる。

 ただ、「Office Online」はインターネット接続していないオフライン環境では利用できない。

 「Apache OpenOffice」や「 LibreOffice」ならいったんパソコンにインストールすれば、インターネットに接続されていなくてもワード文書の閲覧・編集ができる。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

進化した無料オフィスソフトLibreOffice
noimage
Googleドキュメントの日本語化
改行で下に入力欄が伸びる表を作る
Wordで縦書きの書類を作る
noimage
OpenOffice Calcで別のブックのシートを取り込みたい場合
無料オフィスソフトは、どのOSに対応している?
noimage
表計算ソフトで、計算結果の切り捨て・切り下げをしてみよう
Excelでセルの入力方法を日本語入力に固定する
無料ワープロソフトWriterの表で入力セルの数値を合計をするには
経過した月数や週数、日数を換算する・ExcelとApacheOpenOfficeCalc
noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP