キャプスロック Caps Lockが有効になっているとひらがな入力や小文字が入力できなくなる

 キャプスロック Caps Lockが有効になっていると思ったとおりにキーボードの入力ができないことがある。

 ひらがな入力にしようと思ったのにカタカナ入力になったり、小文字が入力できなくなったり、逆にカタカナ入力のつもりがひらがな入力になったりする。

キャプスロック Caps Lockの機能

 キャプスロック Caps Lockの機能が有効な場合起こる現象は主に以下の3つ。

  • キャプスロック Caps Lockの機能が有効だと入力されるアルファベットは大文字になる。
  • CapsLockキーが有効になっている時にシフトキーを押しながら文字キーを押すと、大文字と小文字が入れ替わって入力される。
  • 日本語入力システムが有効になっている時は、ひらがな入力からカタカナ入力になる事もある。

 キャプスロック Caps Lockの機能は効果が文字を入力するキーに限定され、数字・記号はキャプスロック Caps Lockが有効のときも無効のときも変わりなく入力される。

キャプスロック Caps Lockが有効になっているかを確かめる方法

キーボード上の「Caps Lock」ランプが点灯している

 キャプスロック Caps Lockが有効になっているとキーボード上の「Caps Lock」ランプが点灯する

 たいていの場合は、キーボードの上のほうにランプがある。

1)キャプスロック Caps Lockランプ

日本語入力システム IMEの「言語バー」の「CAPS」ボタンがへこんだように見える。

2)キャプスロックが有効かどうか2

キャプスロック Caps Lockを解除する方法

[Shift]キーを押しながら同時に「Caps Lock」キーを押す

 キャプスロック Caps Lockを解除するには、「[Shift]キーを押しながら同時に「Caps Lock」キーを押す」

3)キャプスロック Caps Lockを解除

日本語入力システム IMEの「言語バー」の「CAPS」ボタンを押す

 日本語入力システム IMEの「言語バー」の「CAPS」ボタンを押すことでもキャプスロック Caps Lockは解除できる。

2)キャプスロックが有効かどうか

キー配列を変えるフリーソフトでキャプスロック Caps Lockが有効にならないようにする

 あまり、利用することがないキャプスロック Caps Lock。

 はじめから、無効にしたWindowsパソコンやキャプスロック Caps Lockキーのないキーボードも販売されている。

 フリーソフトで、キャプスロック Caps Lockキーの機能をOFFにしてしまうこともできる。

 おいらはキーの役割を変えるフリーソフト「Key Swap」を使ってキャプスロック Caps Lockがはじめから使えないようにしている。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

USBメモリーやSDカードの自動再生をOFFにする方法
PDFのオリジナルスタンプをOpenOfficeWriterで作る
noimage
Windows・Linuxのテキストファイルの文字化けを防ぐ方法
複雑な昔の漢字も入力できるIMEパットの使い方
セキュリティソフトは削除が難しい
シフトキー(Sift)で文節を変えると入力が楽になる
Baidu(百度・バイドゥ) IME
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
『排紙トレーが閉じています』のエラーが出て印刷できないときの対処
Microsoftパワーポイントを開いたらパソコンがのっとられる?
ノートパソコンのタッチパットをOFFにして文書入力を快適にする
Xperia SO-03D(AndroidOS4.04)のGPS機能のON・OFF
noimage
Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存する

Menu

HOME

 TOP