アドレスバーを検索に使う・電卓計算機として使う

 アドレスバーの面白い使い方を見つけたのでちょっとご紹介してみようと思う。

 アドレスバーといえば、普通はURLを入れてサイトに移動するためのものだ。

 でも、ちょっと面白い使い方もできる。

通常のアドレスバーの使い方

1.URLをアドレスバーに貼り付ける。

2.「このページを再読み込みします」ボタンをクリック。

 これで目当てのサイトが表示される。

1)アドレスバーの使い方

アドレスバーを検索バー代わりに使う

 アドレスバーを検索バー代わりに使うこともできる。

1.検索したい文字をアドレスバーに記入。

2.「⇒」ボタンをクリック。

2)検索に使う-アドレスバーの使い方

 「ソフト」をアドレスバーで検索した結果が↓

3)検索に使う-検索結果-アドレスバーの使い方

ドラッグ&ドロップでアドレスバーに検索文字を入力することもできる

1.アドレスバーからの検索のとき、検索したい文字をドラッグしそのままアドレスバーにドロップすると、文字がアドレスバーの中にドラッグした文字が貼り付けられる。

2.「⇒」ボタンをクリック。

3.検索結果が表示される。

アドレスバーを計算機・電卓として使う

1.アドレスバーに数式を入れる。

例)1*100

2.「⇒」ボタンをクリック。

4)電卓-アドレスバーの使い方

3.検索結果が表示される。

アドレスバーで検索した結果が↓

5)電卓に使う-検索結果-アドレスバーの使い方

ブラウザが変わっても使えるようです

 アドレスバーを検索や電卓代わりに使う方法は、どんなブラウザで表示されたアドレスバーでも利用できるようだ。

 おいらのブラウザはfirefoxだがごらんのとおり、計算もできれば検索もできる。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

フルスクリーンモード全画面表示の解除の仕方
Windows10の電卓で何ができる
特殊文字で方向を示す文字を集めてみた
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」によるデータの上書き?
社内回覧の文書などに便利なPDFのスタンプ機能
Mac OSでスクリーンショット(画面を取り込む)の方法
Google検索の通貨換算機能はちょっといまいちかな
キャプスロック Caps  Lockが有効になっているとひらがな入力や小文字が入力できなくなる
ウィンドウズPCのログオン(ログイン)パスワードを設定する
Outlook Expressのアドレス帳をCSV形式で保存する
スタートメニューからソフトを起動できるようにする
複雑な昔の漢字も入力できるIMEパットの使い方
noimage
Windows7(8)でタスクマネージャ(タスクマネージャー)を起動させる方法3つ
F-03D Girls’(AndroidOS2.35)のGPS機能のON・OFF

Menu

HOME

 TOP