WordPressコメントフォームのメールアドレス記入を必須項目からはずしてプラグインで注意事項を書き加えてみた

 Wordpressのコメント欄はデフォルトでメールアドレスと名前が必須項目になっている。

 でも、このコメントのメールアドレスなんだか抵抗があるなあ。

 というわけで、コメントフォームのメールアドレス記入を必須にしない設定してみた。

 ついでにプラグインを使って「*は必須項目です。メールアドレスや名前は省略可能。メールアドレスを記入した場合でも公開されることはありません。」という表示を入れてみた。

WordPressでコメントフォームのメールアドレス記入を必須にしない

1.「設定」⇒「ディスカッション」をクリック。

2.「他のコメント設定」の「名前とメールアドレスの入力を必須にする 」のチェックをはずす。

メールアドレス記入を必須にしない

3.「変更を保存」をクリック。

*メールアドレスだけでなく名前も必須の記入項目で無くなる。

 ただし、入力欄はどちらも残る。

プラグイン「SI CAPTCHA Anti-Spam」で必須項目のコメントを付け加える

 WordpressのプラグインSI CAPTCHA Anti-Spamは本来コメントスパムを防ぐためにキャプチャコードの入力をコメントフォームに付け加えるためのプラグインだ。

 でも、このプラグインには必須部分の記述を任意で書き換える設定ができるようになっている。

1.「プラグイン」からSI CAPTCHA Anti-Spamをインストールして有効化。

2.「プラグイン」⇒「SI CAPTCHAオプション」をクリック。

 SI CAPTCHA Anti-Spam設定 3必須のテキスト書き換え

3.デフォルトでは*が必須項目に付くだけなので「テキストラベル」の「必須」の横のボックスに任意の文字を書き加える。

SI CAPTCHA Anti-Spam設定 3必須のテキスト書き換え設定 4必須のテキスト書き換え

  上の画面のように入力した文言が表示される。

 他にも、function.phpをカスタマイズするやり方もある。

 でも、function.phpをいじるのは面倒なので、今回はプラグイン任せにしてみた。

メールアドレスは記入しなくてもいいからコメントくださいませ

 というわけで、メールアドレスを記入しなくてもかまわないからコメントくださいませ。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

FC2ブログの全記事リストを表示する時のHTMLタグと注意点
シーサーブログの最近の記事の設定の仕方
noimage
GoogleAdSenseのページ単位の広告
GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」で訪問者を増やそう
FC2ブログのテンプレートの中に、ナビゲーション(パンくずリスト)を入れ込む
FC2ブログカスタマイズ「拍手ボタンの設置・拍手を自由な位置に配置する」
「WordPress アドレス (URL)」や「サイトアドレス (URL)」を書き換えたらwordpressの管理画面に入れなくなった
ドメインもネット上の住所って言うけど
FC2ブログの記事をワードプレスにインポート
wordpressテーマSTINGER3のサイドバーのカテゴリー一覧とNEW ENTRYに背景色をつけてブロック分け
RSSリーダーどれが使いやすい?
人気のフィード(RSS)リーダーfeedlyを設置してみた
WordPressの無料テーマ3種をご紹介
WordPress4.0にバージョンアップするとどこが変わった?

Menu

HOME

 TOP