Outlook2013で届いたメールに返信する

 今日は職場でアウトルック2013の講習会をした。

 新しい職場ではインターネットや電子メールは必ず利用するアイテムなのだが5人中2人は「電子メールを使ったことが無い」という人。

 本日その事実が判明し、急遽アウトルック2013の講習会と相成った。

 まずは来たメールへの返信の仕方から教えていった。

 意外に電子メールを使ったことの無い人っているんだなあ。

 ちょっとびっくり。

メールに返信するってどういうこと?

 メールを送ってきた人(送信者)に、返事を出すことを「返信」という。

 メールアドレスが手紙で言う送信先の住所になる。

 電子メールの場合は、来たメールに対しては住所に当たるメールアドレスがわからなくても簡単に返事を返すことができる。

アウトルック2013で電子メールに返信する方法

1.OUTlook2013を起動する。

2.画面下の「メール」または封筒の形をしたアイコンメールアイコンをクリック。

3.「ホーム」タブをクリック。

4.「受信トレイ」をクリック。

5.メールが一覧表示されるので返信するメールをクリック。

6.「返信返信」をクリック。

7.返信用のウィンドウが開く。

  • 「宛先」には自動的に返信先のメールアドレスが記載される。
  • 「件名」には「RE○○(受信された元の件名)」と表示される。
  • 入力欄には2行ほどあけての下の方にもとの電子メールの内容が表示される。

8.入力欄に返信内容を記入する。

9.「送信ボタン送信ボタン」を押す。

送信したメール内容は「送信済みアイテム」というフォルダに保存される。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
Mozilla ThunderbirdのカレンダーにAndroidのスケジュールデーターを取り込んで見よう
Microsoftのwebメール・Outlookcomでもサブメールアドレスが作れるらしい
Mozilla ThunderbirdのスケジュールをAndroid末端に取り込む
OutlookExpressからWindows Live メールへ連絡先やアドレス帳の移行
noimage
Yahooメールをメールソフトに転送
WindowsLiveメールのアドレス帳データをvCard形式(vcf)でインポート・エクスポート
Outlookの連絡先をほかのパソコンで使う
Yahoo!メールのセーフティーアドレス(サブメールアドレス)の削除方法
Outlook Expressでエラー番号:0x800c0133が出て送受信できない時は
Outlook Expressのメールのバックアップをとろう
Yahoo!メールをパソコンに保存する方法(うまくいくかどうかは不明)
独自ドメインでメールを作る・レンタルサーバーミニバード
WindowsLiveメールのアドレス帳から出力したvCard形式(vcf)をAndroidにオフラインで取り込む(SDカードを利用する)

Menu

HOME

 TOP