年金情報流出送られてきためーるはYahooメール

 年金機構はいったいどうなっている。

 朝から「125万の個人情報流出」がニュースになっている。

被害公表前に年金機構職員のものと思われる書き込み

 PCウィルスの感染が最初に確認されたのは2015年5月8日。

 19日になって警視庁に相談。

 28日に個人情報の流出があったと連絡を受け、6月1日にようやく公表。

 2チャンネルに書き込みがあったのが5月31日というから、書き込んだのは年金機構の職員の可能性が高い。

 こんなのありか?

年金情報にパスワードもつけてなかった?

 流出した125万件のうち、55万件の個人情報にはパスワードが設定されていなかった。

 何で55万件だけ?

 というか、個人情報にはパスワードをつけろよ。

 もっとでたらめな話もある。

年金情報を保管していたサーバーは

 今回の日本年金機構の個人情報流出事件の発端は「届いたメールの添付ファイルを開けてしまった」こと。

 これありがち。

 が、問題は、メールをやり取りしていたパソコンが個人情報を管理しているサーバーにつながれていたというあたり。

 一般家庭の状態で言えば「パスワードも付けず、インターネットにつながったパソコンにデーターを保管してた」というわけ。

 しかもつながっていたパソコンは1台じゃなく複数。

 さらには、一番初めにウィルスメールに気がついた職員がちゃんと対処して「不審なメールは開くな」と警告したにもかかわらず、10日間もほかのパソコンは個人情報につながっていて、ほかの職員は次々とウィルスメールを開いちゃったっていうのだからあきれた話。

ウィルスはフリーメールで送られてきた

 問題のウィルスメールはYahoo!のフリーメールで送られてきた。

 件名に「厚生年金基金制度の見直し(試案)」などと書かれ、業務に関連することを装ったメールだったらしい。

 けど、普通に考えて「厚生年金基金制度の見直し(試案)」がYahooメールで届くかい。

 よくメールアドレスを見てからあけろよ。

 日本年金機構ってよっぽどパソコン音痴ばっかりなのか???

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Windows Live Hotmailは事実上無制限の大容量
Mozilla ThunderbirdのカレンダーにAndroidのスケジュールデーターを取り込んで見よう
Microsoftのwebメール・Outlookcomでもサブメールアドレスが作れるらしい
webメールのパスワードと他のサイトのパスワードは別のものを設定しよう
WindowsLiveメールのアドレス帳データをvCard形式(vcf)でインポート・エクスポート
独自ドメインでメールを作る・レンタルサーバーミニバード
OutLookでメールが届いたかどうかがわかるようにする
Outlookの連絡先をほかのパソコンで使う
Outlook Expressでエラー番号:0x800c0133が出て送受信できない時は
Yahoo!メールをパソコンに保存する方法(うまくいくかどうかは不明)
Outlook Expressのメールのバックアップをとろう
Zipフォルダーを作って添付ファイルの容量を減らそう
フリーメールサービスInter7のメールアドレスが2チャンネルに流出
Yahoo!メールの便利な使い方

Yahoo!メールの便利な使い方

noimage

Menu

HOME

 TOP