WordPressの投稿の編集のテキストモード「code」は何?

 Wordpressの投稿の編集のテキストモードに「code」というクイックタグのボタンがある。

 このcodeというクイックタグ何に使うのかずーと不思議に思っていた。

 Wordpressのcodeというクイックタグボタンの使い道がわかったのでちょっとメモ代わりに記載。

codeはソースコードをそのまま記載するタグ

 codeはソースコードをそのまま記載する際に使う。

 Wordpressのテキストモードのクイックボタン「<code>~</code>」を押すと<code>のタグが挿入される。

 押した後のボタンは「/code」の表示になる。

 で、この「/code」を押すと</code>というタグが挿入される。

 この、<code>~</code>ではさまれた~の部分にHTMLやスタイルシートなどのソースを記載すると、記載したそのままの記述でテキストとして記載できる。

 インデント(字下げ)や改行をそのまま表示させるときには、<PRE>~</PRE>で<code>~</code>の外側を囲む。

codeで囲んだ場合

codeで囲んだ場合

codeで囲んだ場合の表示

codeで囲んだ場合の表示

preとcodeで囲んだ場合

preとcodeで囲んだ場合

preとcodeで囲んだ場合の表示

preとcodeで囲んだ場合の表示

<>のコード表示には使えない

 この、<code>~</code>残念ながらHTML<br><p>などのタグをそのまま表示することができない。

 phpのコードの表示にもそのまま使うことができない。

 なのでWordpressのテーマをブログ上に表示させようとしてもテキスト以外の部分は空白になるだけ。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

シーサーブログの記事の直下に広告やブログランキングなどを貼り付ける・コンテンツHTMLを編集する
GoogleBloggeの投稿者名を消す方法がわかったので皆さんにお知らせ
FC2ブログの記事をテキストエディタでWordPress用に書き換えよう
Googleアカウントを習得したら、アドセンスにサイトを登録してみよう
wordpressでスマートフォンだけに表示・非表示を行う
FC2ブログテンプレートの文字の大きさを変えてみよう
独自ドメインをレンタルサーバーに登録する・ムームードメイン&レンタルサーバーミニバード
MySQLの追加
wordpress記事一覧・更新日順、1ページの表示件数制御、ページャー対応コード
レンタルサーバーミニバードでサーバーの使用量を確認する方法
GoogleAdSenseのページ単位の広告
FC2ブログのタイトルの下に文字を入れてみよう
WordPressリビジョンを制御するプラグインRevision Controlの使い方
WordPressで使っていない画像を探して削除
FC2ブログのdescriptionカスタマイズ・記事内容の要約を検索結果に表示して検索ユーザーに記事内容をアピールする

Menu

HOME

 TOP