無料ワープロソフトWriterの表で入力セルの数値を合計をするには

 無料ワープロソフトOpenOfficeWriterで作った表に入力した数字を合計してみよう。

 OpenOfficeWriterで作った表でも「表計算ソフト(Excelとか)」で使うような関数・数式が利用できる。

関数を使ってセルの合計を出す

1.合計を表示したいセルをクリック。

2.[Σ](オートsum)をクリック。

関数を使ってセルの数字を合計する-Σをクリック-OpenOfficeWriter

[関数を使ってセルの数字を合計する-Σをクリック-OpenOfficeWriter]

3.合計したいセルをドラッグで範囲指定する。

関数を使ってセルの数字を合計する-セルを範囲指定-OpenOfficeWriter

[関数を使ってセルの数字を合計する-セルを範囲指定-OpenOfficeWriter]

4.[Enter]キーを押す。

*shiftキーを使って連続したセルを指定することもできる。

shiftキーでセルの範囲を指定する

  1. 合計したいはじめのセルをクリック。
  2. シフトキーを押しながら、合計したい最後のセルをクリック。

数式を使ってセルの数字の合計を計算する

 合計を表示したいセルに数式を入れて合計を計算する方法もある。

 [Σ](オートsum)を使うと連続したセルの合計しかできないが、数式を使えばセルが飛んでいても合計を出すことができる。

1.合計を表示したいセルをクリック。

2.ツールバーの[表]をクリック。

3.[数式]をクリック。

数式を使ってセルの数字を合計する-ルールバー(表をクリック-数式をクリック)-OpenOfficeWriter

[数式を使ってセルの数字を合計する-ルールバー(表をクリック-数式をクリック)-OpenOfficeWriter]

4.数式を入れる欄が出てくる。
 (=いかに数式を指定する)

数式を使ってセルの数字を合計する-数式の入力欄-OpenOfficeWriter

[数式を使ってセルの数字を合計する-数式の入力欄-OpenOfficeWriter]

5.合計したいセルのひとつをクリック。

6.[+]を入力し続けて、合計したいセルをクリック。

 (複数のセルを合計したい場合は、6を繰り返す)

7.[Enter]キーを押す。

数式を使ってセルの数字を合計する-結果と数式-OpenOfficeWriter

[数式を使ってセルの数字を合計する-結果と数式-OpenOfficeWriter]

意外に使えるOpenOfficeWriterの表

 表といえば表計算ソフト。

 が、意外にワープロソフトの表でも利用価値が高い。

 表計算ソフトほど複雑な関数は利用できないが、ワープロソフトでも四捨五入ができたり、セルの数式の足し算引き算ができたり。

 表計算ソフトにはない特徴もあるし。

 もっと利用してみてもいいかも。

 ちなみに、OpenOfficeWriterは無料で利用できるワープロソフト。

 無料のWordと思えばいい。

 WindowsOSでもLinuxOSでも利用できる。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

年齢などの経過年数を求める関数・ExcelとOpenOfficeCalc
無料のオフィスソフト、オープンオフィス(OpenOffice.org )をダウンロードしてみよう。
ワードで袋とじして両面印刷
OpenOfficeCalcのシートの位置を変更する
Apache OpenOfficeWriter(ライター)の箇条書きの設定・ON・OFF
Excelでセルの入力方法を日本語入力に固定する
表計算ソフトのセルに文字を納める方法
パワーポイント風フリーソフトOpenOffice.org Impressで年賀状を作ってみよう。
Android版Office表計算アプリQuickofficeスプレッドシート・書式設定、日付入力、金額入力
ワード用テンプレートを無料ワープロソフトで利用して年賀状作りを時短化する
パワーポイントで動画が再生できない
表計算ソフトで行と列を入れ替える方法
noimage
Microsoftパワーポイントを開いたらパソコンがのっとられる?
ApacheOpenOfficeCalcで別シートのドロップダウンリストを利用してセルを入力する

Menu

HOME

 TOP