メール送信ができなかったときのメッセージ

 ある日、取引先から添付ファイル付きのメールが届いた。

 中身を見てみたら、締め切りが土日を挟んで3日くらいしかない。

 曰く、「送ったつもりでいたら、添付ファイルの容量が大きくて送れなかった。メールが送られていないことにも気づかなかった」だって。

 勘弁してくださいよ。

 上司は「メールの送信ができなければ何かメッセージとかでてわかるんじゃないのか?」とあきれていた。

 おいら曰く「エラーメッセージは大体英文ですから、送信できなかったことに気づかなかったんじゃないですか?」

PCのメール送信時のエラーメッセージにご注意

 パソコンのメールを送信した後に英文のメッセージが届いたら要注意。

 相手方にメールが届いていないかも。

容量オーバーでメールが届いていない場合のメッセージ

  • 552 message size exceeds
  • 552 size limit exceeded
  • 552 message size exceeds fixed limit 

 添付ファイルなどの容量が大きくてメールが相手方に届いていない場合のメッセージ。

 message→通信・伝言、exceeds→超える、limit→制限、fixed→固定した

 いずれも「決められた通信の制限容量を超えてます」という意味になる。

 552は容量が大きくて相手方にメールが届かなかった場合のエラーコード。

受信先(相手方)の設定が間違っている 

  • 551 Access denied→アクセスを拒否された。

 メールアドレスが間違っているとかの時のエラー。

 551はコード。

送信する側の設定の問題

  • 553 Unbalanced

 送信する側のアドレスが間違っているなどの場合。

451のメッセージコード

 451のエラーメッセージコードの場合は、一時的な問題でメールの送受信ができなかった。

 という場合が多いらしいので、もう一回メールを送りなおしてみよう。

554のメッセージコード

 「554 Service unavailable」というメッセージで「サービスを利用できない」。

 エラーの原因は英文の中身全体から解読するしかないので・・・。

 英語嫌いな人間にはこれが一番厄介かも。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

WindowsXPにWindows Live メールをインストール
年金情報流出送られてきためーるはYahooメール
OutLookでメールが届いたかどうかがわかるようにする
noimage
WindowsLiveメールのアドレス帳から出力したvCard形式(vcf)をAndroidにオフラインで取り込む(SDカードを利用する)
Outlook ExpressでYahoo!メールを送受信してみよう
Outlook2013で届いたメールに返信する
Outlookの連絡先をほかのパソコンで使う
Mozilla ThunderbirdのカレンダーにAndroidのスケジュールデーターを取り込んで見よう
メールの終わりには署名を付けよう
OutlookとWindowsLiveメールを比べてみよう
noimage
Zipフォルダーを作って添付ファイルの容量を減らそう
Gmailを他のwebメールやメールソフトにバックアップする方法
Yahooメールで署名を入れる

Yahooメールで署名を入れる

Menu

HOME

 TOP