ショートカット騒動

 「会社の共有フォルダのショートカットの中のファイルを更新したのに、他の社内のパソコンから見たら、共有フォルダの中身を見たら更新されていない。」といわれた。

 「パソコン壊れてるのかな?」だって。

 いやいやそんなわけないでしょ。

 パソコン壊れてたら、共有フォルダ自体見れないって。

ショートカットは近道

 ところで、ショートカットっていったい何だろう。

 「ショートカット」は、ファイルやフォルダ、ディスク、プリンタなどにアクセスするための近道のこと。

 例えば、Aというファイルが、ドキュメントの中のαというフォルダの中にあったとする。

 Aのファイルを編集するには、「スタートメニュー」→「ドキュメント」→「α(フォルダ)」→「A(ファイル)」と辿って開けないといけない。

 Aファイルのショートカットをデスクトップに作っておけば、そのショートカットを開くだけで、Aファイルを開くことができる。

デスクトップに作ったショートカットを開けば目的のファイルにすぐアクセスできる

デスクトップに作ったショートカットを開けば目的のファイルにすぐアクセスできる

それはショートカットじゃありません

 同僚曰く「自分で、共有フォルダの中の一部分のフォルダのショートカットを作ったのだが、その、ショートカットの中の書類が、元の共有フォルダを開けると更新されていない。」という。

 で、同僚のパソコン画面を見てみると…。

 本人はショートカットといっているフォルダは、どう見てもショートカットのフォルダではない。

ショートカットと普通のフォルダ

ショートカットと普通のフォルダ

 同僚が言っているのは上の画像の赤枠で囲ってあるような普通のフォルダ。

 ショートカットは、上の画像の黄色い枠で囲ってあるようなもの。

 ショートカットになっている場合は、フォルダやファイルのアイコンに矢印が付く。

 矢印が付いていなければ、たぶんそれは、ただ、中身をデスクトップにコピーしただけなので、ファイルを更新したところで、元のフォルダのファイルは更新されない。

 元のフォルダやファイルにリンクしていないんだもん。

ショートカットには矢印が付く

ショートカットには矢印が付く

ショートカットをコピーしても同じ元のフォルダやファイルが開く

 ショートカットをコピーして貼り付けて、そのショートカットの名前を変えても同じ保存先のフォルダやファイルが開く。

ショートカットの名前を変えてもリンク先は同じ

ショートカットの名前を変えてもリンク先は同じ

 まえに別の同僚が「Aの変更前のファイルは残したいので、ショートカットをコピーして、名前を変えて、新しいファイルを作る。」と言い出したことがある。

 これをやったら、開くのは変更前のAファイル。

 そして、保存すればファイルは上書きされて、変更前のAファイルは残らない。

 この場合は、元のファイルをコピーして、別の場所に保存するか名前を変えてやればいいんだよ。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

またBaidu(百度・バイドゥ)
スマートフォンを安全に使いましょう
富士通やシャープのスマートフォンのデータ削除の方法は?
Windows標準搭載のデータ完全削除ツール「Cipher.exe」によるデータの上書き?
Windowsパソコンのログオン(ログイン)パスワードを解除する
ゴミ箱からファイルを復元する
noimage
平方メートルや立方メートルの単位を入力するには?
csv形式を覚えておくと、データーの共有に役立つ
ドコモケータイdatalinkでFOMA携帯のデータをPCの表計算ソフトで使えるようにする
パソコン画面をそのまま取り込む
パスワードディスクの保管にはご注意を
WindowsでフォーマットできないUSBメモリーなどをフォーマットして再生するツール
トランプのハートやダイヤ(♠ ♣)を表示する
Microsoftの修正プログラムの更新スケジュール

Menu

HOME

 TOP