スポンサーリンク

Windows7は標準でISOイメージファイルのDVD書き込みができるのだ

 だいぶ前に買った外付けのDVDドライブがとうとう壊れた。

 で、新しい外付けDVDドライブを購入。

 そこで、Linuxのインストール用のディスクを作ってみた。

 WindowsXPでは、標準でCDの焼付けソフトしか装備されていないため、インターネット上からソフトをダウンロードして利用していたのだがWindows7には標準でDVDの焼付けができるソフトが付属している。

 うーんありがたいこって。

 Windows7に付属の標準ツール『Windows ディスク イメージ書き込みツール』はisoイメージを焼くこともできるので便利だ。

 

Windowsのライティング機能・対応状況

・WindowsXP⇒CDへの書き込みに対応。

WindowsVIsta⇒DVDやBlue Rayの書き込みにも対応したが、ISOイメージファイルの書き込みには非対応。

・ Wincows7以降⇒ISOイメージの書き込みに対応。

Windows7でISOイメージファイルをDVD・CDに書き込む方法

1、CD・DVDに書き込みたいISOイメージファイルをダブルクリック。
 または、書き込みたいISOイメージファイルを右クリック⇒「ディスクイメージの書き込み」をクリック。

2、書き込みに使用するドライブを選択⇒「書き込みボタン」をクリック。

 すげー単純・簡単。

 今まで、いろいろなCD・DVDの書き込みソフト(ライティングソフト)を使ってみたけど、今回のこのWindows7付属のWindows ディスク イメージ書き込みツールはものすごく簡単に使うことができる。

 書き込んだDVDで起動できたのかって?

 もちろんちゃんと動いたさ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする