Windows7電卓の使い方-起動・結果のコピー・関数電卓・単位の変換

 Windows7の標準でついている電卓機能が便利だ。

 使わないのはもったいないよ。

 単純な計算だけでなく、計算結果のコピーや貼り付けなどもできる。

 表示の切り替えで、関数電卓として使ったり単位を加えたりもできる。

 計算途中の式も「履歴」として残せる。




Windows7の電卓の使い方

1.スタートボタンをクリック。

2.電卓のアイコンがあるのでそれをクリックして起動する。

*電卓アイコンがない場合、スタート⇒すべてのプログラム⇒アクセサリ⇒電卓とクリック。

3.計算はそれぞれのボタンをクリックする。

計算結果のコピーの仕方

1.電卓のメニュー『編集』をクリック。

2.『コピーをクリック』

編集⇒貼り付けで、他からコピーしたデーターを計算ボックスに貼り付けることもできる。

Windows7の電卓を関数電卓として使う

1.表示⇒関数電卓とクリック。

 関数電卓のほかプログラマ・統計・住宅ローンの計算などの機能もある。

単位の変換設定

1.表示⇒単位の変換。

2.電卓の横に変換する単位の種類が表示される。

3.変換もとの単位と変換先の単位を選択。

 ただし、重量の単位では、日本の俵などの単位は変換出来ない。

 長さも、日本の里とかは変換出来ない。

 ちょっとつまらない・・・。

計算履歴を残す

1.「表示」-「履歴」と選択。

2.表示部分が上下に拡がり、その状態で計算していくと、計算式が履歴として残すことができる。

 ショートカットキーを使う場合は [ctrl]+「H」。

3.「編集」-「履歴」-「履歴のコピー」を選択。 

 これで複数行の計算式も丸ごとコピーして記録できる。

 ただし、いったん「電卓」を終了させてしまうと、前回の結果は消えてしまう。

 テキストエディタなどに張り付けておくと、履歴として残しておくことができる。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする