電子申告(イータックス)を使ってみよう

 どうせパソコンとインターネット接続環境があるのなら、ぜひとも挑戦したいe-Tax(電子納税・イータックス)。

 送信しなくても、ソフトそのものは使うことができる(この場合は、カードリーダーやICカードが要らない)。

 でも、電子申告すると、電子申告の控除が受けられたり、還付金が早く入金されたりする。


e-Tax(電子申告)で確定申告をするメリット

1、平成19年分から平成24年分のいずれかの年分で1回、所得税額から最高4,000円(平成24年分は最高3,000円。その年分の所得税額を限度とします。)の税額控除を受けることができる。

2、添付書類の省略(送信・添付する必要が無い)ができる。

3.還付金が早く入金される。

4、期間中は24時間申告できる。

5、修正申告も再送信するだけ。

6、申告書の作成は1月半ばから作ることができる(ソフトが公開されている)。

7、前年度分のデーターをパソコンの中に保存することができ、登録内容を利用できる。


e-Tax(電子申告)で確定申告をするデメリット

1、パソコン・カードリーダー・インターネット接続環境が必要。

*計算や作成・印刷だけでネットから送信しない人には必要ない。

2、住民基本台帳カードの作成を事前に作成しておく必要がある。

3、住民基本台帳カードの電子証明の有効期限は3年。3年後には再登録する必要がある。

 ちなみに、住民基本台帳カードの登録は、市町村役場に行くとすぐにその場で作ってくれる。


電子納税・e-Taxを行うために必要なもの

1、パソコンとインターネット接続環境。

2、住民基本台帳カードの電子証明書

3、ICカードリーダー

 これだけあれば、電子納税・e-Taxを使うことができる。

 確定申告の期間中、24時間送信できるので便利。

 間違えたときの修正も再送信するだけなので楽にできる。


住民基本台帳カードの電子証明書のとり方

1、じぶんの住民票のある市町村役場で作成する。

 *住所のわかる身分証明書・印鑑を持参のこと

 *30分程度で作成できる。

 *電子証明の有効期限は3年。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

iPad mini VS Nexus7

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

検索ボックスの調子が悪い

noimage
noimage
noimage

サイズの違うSIMカードを利用するには?

先月のPV23000越え前年度中はお世話になりました

先月のPV23000越え前年度中はお世話になりました

noimage

seesaaブログのページタイトルをSEO

noimage

AndroidアプリをWindowsで動かす『BlueStacks』

noimage

Yahoo!カレンダーとアウトルック

noimage
noimage

OCNの無料家計簿

Menu

HOME

 TOP