ウインドウズ8はどこに行く?

 ウインドウズ8の特徴と言えば、タッチパネル。

 パソコンの液晶パネルにタッチすることで、パソコンを操作すると言うもの。

 ウインドウズ7までと違って、どちらかと言うと、スマートフォンやタブレット末端などを意識したOSと言える。

 マイクロソフトとしては、さて、どういう戦略なのか?

 スマートフォン・タブレット末端のOSとして普及を目指すのか?

 現在のスマートフォン・タブレット末端のOSは、アンドロイドとIosで99%を占めている。

 一方のウインドウズは、パソコンに関しては、圧倒的なシェアを持つ。

 パソコンとスマートフォン・タブレットのOSを統一することで、互換性が増すのはいいことだけど。

 さて、どうなるかなあ?

 ちなみに、パナソニックからウインドウズ8のパソコンにもタブレットにもなるって言うパソコン(AX2シリーズ)の販売が予定されている。

 

 販売は10月26日からになるようだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする