GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」で訪問者を増やそう

 GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」をサイトのSEOに役立てよう。

 「HTMLの改善」でわかるのは「メタデータ(descriptions)」や「タイトルタグ」の問題点だ。

 ということで今回はGoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」についてちょっとお勉強がてらご紹介する。

GoogleWEBマスターツールの「HTMLの改善」でわかること

メタデータ(descriptions)の問題点

  • 重複するメタデータ(descriptions)
  • 長いメタデータ(descriptions)
  • 短いメタデータ(descriptions)

 などの問題のあるmetadescriptionsがわかる。

タイトルタグの問題点

  • タイトルタグの重複
  • 長いタイトル
  • 短いタイトル

 などの問題のあるタイトルがわかる。

インデックス登録できないコンテンツ

 これについてはあまり良くわからない。

GoogleWEBマスターツールでメタデータ(descriptions)の問題点を見てみよう

1.WEBマスターツールにログインしたら、該当するサイトをクリック。

1ウェブマスター ツール -登録サイトを表示

2.「検索のデザイン」⇒「HTMLの改善」をクリック。

3.問題のあるデータが出てくる。

2ウェブマスター ツール -HTMLの改善

 このブログ「無料ソフト&無料サービス」でGoogleWEBマスターツールのHTMLの改善を見てみると「タイトルタグ」「インデックス登録できないコンテンツ」は無いことがわかる。

 metaデータは重複するメタデーターが11個。

 短いメタデータが6個ある。

4.問題が表示された部分をクリック。

 例えば「重複するメタデータ」と表示された部分をクリックする。

3ウェブマスター ツール -HTMLの改善

5.データが出てくるので、さらにそこをクリック。

 4ウェブマスター ツール -HTMLの改善

6.該当するページのURLが表示される。

5ウェブマスター ツール -HTMLの改善

*表示されたURLをクリックすると問題のあるwebページが開く。

 タイトルタグについてもメタデーターと同じ操作で問題のあるページがわかる。

問題がある場合は改善しよう

 メタデーターの改善が必要な場合は、利用しているプラグインを確認して、「メタデーターを書き換える」「ページの冒頭部分を書き換える」などの対策をとろう。

 タイトルに問題がある場合については、タイトルを書き換える。

すぐには改善点が反映されない

 Googleウェブマスターツールは「データが反映されるのは数日後」というのが普通らしい。

 改善してもすぐには反映されないので数日後に再度確認する。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

FTPソフトWinSCPでサーバーのWordPressファイルを保存してたので窮地を逃れられました
WinSCPのバージョンアップ
GoogleBloggeの投稿者名を消す方法がわかったので皆さんにお知らせ
Googleアドセンスってなに?
無料ブログのドメイン形式によって、アクセス数に差が出てくる
wordpressテーマSTINGER3のサイドバー【NEW ENTRY】のアイキャッチ画像を削除
WordPress4.0にバージョンアップしたらプラグインのインストールがわかりにくくなった
コードを収得して、サイトにGoogleアドセンスの広告を貼り付けよう
noimage
Googleアドセンスのサイト内検索ボックスのトラブル
RSSリーダーどれが使いやすい?
プラグインを使わないwordpressの記事一覧
JavaScriptを使った文字数チェッカー-全角半角共1文字と数える
リビジョンを削除するプラグイン
外部サイトでも使うことのできる画像形式

Menu

HOME

 TOP